とうとうキリンも焼酎市場にやってきた!


ピュアブルー
ビールメーカーらしく(?)原料はやっぱり『大麦』。上質の粒選り大麦を70%まで磨き低温発酵減圧蒸留で仕上げたのが、この度新発売の『麒麟麦焼酎ピュアブルー』だ。透きとおったブルーボトルの印象どおり爽快クリアな味わいで、オシャレ度、カジュアル度、洗練度は満点。

しかしキーポイントは麦100%の本格乙類焼酎というところ。このあたりがお酒好きを満足させてくれる心憎いコンセプトなのだね。

さてこのピュアブルーをなんと100種類ものカクテルで楽しませてくれるダイニングバーが東京青山にオープンした。早速のぞいてきたよ~。

pure blue Dinig 100 外観

ピュアブルーイメージカラーのブルーライトが目印の『pure blue Dining 100』(渋谷区神宮前5-51-6テラアシオス青山/電話03-5766-0100/営業時間18:00~25:00LO24:00)。


1階がスタンディングの気軽なバーで、地下1階がテーブル席と、今流行りのクッションとともに横になって飲める和みシートがあるダイニングになる。ドリンクメニューをひらくと本当に100種のピュアブルーカクテルが色とりどりに並んでるので、ううううっ、めまいがしそう・・・。

1Fはスタンディング
最初に1杯のオープニング・レシピに、ホット・レシピ、フルーツ・レシピ、ヘルシー・レシピ、スィーツ・レシピ、ティー・レシピ、クールカクテル、トロピカル&フローズン・レシピ、スムース・レシピにアメイジング・レシピと、よくぞここまでというくらいバリエーション豊富なメニュー構成。

ではあなたに合った友田おすすめコースをご紹介しましょう!