各国の市場をぷらぷらと歩いていると、日本ではなかなか目にすることができない食材に出合うことができる。それはカラフルな色のフルーツだったり、一見ゴツイ姿なのに顔はのほほ~んとした魚だったり(その姿に私はいつも脱力。穏やかな気持ちにさせられるのですけれどね)、ものすごく長くて大きな野菜だったり。

四角豆


かさまし野菜としても大活躍

莢の長さが10~15cm、直径が2~3cm。
ひらひらと4つの翼がある緑色の野菜。
日本名「四角豆」も、初めてみたときは、“えっ、なにこれ。唐辛子?サボテン?!”と、見慣れぬその姿に驚いた。くるりとコシが曲がっているその姿は、まるでいまにも動き出しそうで、ドキッとしたものだ。(写真を見てみて。世界の珍しい昆虫として紹介されてもおかしくないでしょ。)

断面が四角形のこの野菜は、マメ科のトウサイ属。
サヤインゲンや絹さやのように若い莢や種子を食し、食感がしゃきしゃきとしていて、食べ応えはじゅうぶん。ほんのり苦みがあるのだが、それほど個性的な味ではないので、比較的さまざまな料理に使えるのは便利なところ。

それに、立体的な形は調理しても崩れにくいので、料理のかさましとしても大活躍。わが家の食卓には、いまの時期は頻繁に登場する、お助け選手です。

沖縄では“うりずん”の名で知られる

原産地はパプア・ニューギニアと東アフリカの2説があるようだが(新版 食材図鑑 生鮮食材編 小学館より)、現在はタイ、インドネシア、マレーシアなどの熱帯アジアで広く栽培され、マレー語で “カチャン・ボトル”、タイ語では “トゥア・プー” などと呼ばれる。

日本ではおもに沖縄で栽培され、沖縄では“うりずん”の名で親しまれているのだが、最近では、東京近郊のスーパーでも沖縄産が姿を現すようになり、四角豆(うりずん)の知名度もじわりじわりと上昇中。ご存知ないかたは、この機会にぜひチェックしてみてくださいね。個人的には、ゴーヤーのように、四角豆もある程度は定着するのでは?(ものすごいブームになるとまではいかないだろうけれど・・・)なんて思っていますので。