揚げ春巻き(チャーゾー)

揚げ春巻き
おつまみにおすすめ!カリッと軽い食感の「揚げ春巻き」

カリッと軽い食感がクセになる揚げ春巻き。ベトナム北部と南部では大きさが違うのだが、日本のベトナム料理店でよく見かけるのは、南部の親指大の小さなタイプがほとんど。
豚ひき肉に春雨、きくらげなどをあわせた餡をライスペーパーに包み、油で揚げた料理である。食べるときはグリーンリーフなどの葉野菜にのせ、香菜、ミントなどのハーブとともに包み、甘辛酸っぱいタレにつけて食べる。

網状の揚げ春巻き
皮が網状になっている揚げ春巻きもある。
中国料理の春巻きと比べると、皮がサクッと軽やかで、野菜もたっぷりとれるので、全体的にさっぱりといただけるのがベトナムの揚げ春巻きの特徴である。
ワタシはオナカ具合から、生春巻きと揚げ春巻き、どちらか一品を頼むことが多いのだが(この他にたくさん種類を頼むので)、そんなときは大抵揚げ春巻きを頼むことが多い。というのも、揚げ春巻きはビールによく合うんですよ。これがまた。シュワシュワ~っとした泡にカリッと香ばしい皮。その中の豚肉も旨みがたっぷり。いやはやおつまみには最高です。

米麺
揚げ春巻きをのせた米麺。
このほかの食べ方として、もやし、きゅうりなどと一緒に米麺にのせていただくこともある。
揚げ春巻きと生春巻き、どうしても両方食べたい!というときは、単品でももちろんよいが、〆をこの揚げ春巻きをのせた麺にする、という手もある。その際、揚げ春巻きはやや量が少なくなるのだが、それでもじゅうぶん楽しめるので、こんな頼みかたもおすすめである。

■揚げ春巻き(チャーゾー)のレシピはこちらを。