ほんのり甘みのある卵にアミの塩辛がアクセント

出来上がり写真
卵とだし汁を混ぜて蒸すだけ!の簡単卵料理「ケランチム(韓国版茶碗蒸し)」

韓国の家庭で、また居酒屋や食堂などではサービスでついてくることが多い「ケランチム」。
ケランとは“鶏卵”、チムとは“蒸し料理”の意味。その名の通り、韓国版茶碗蒸しです。
作り方は、日本と同じように蒸し器にいれて作る場合と、土鍋にいれて直接火にかける場合とがありますが、今回は前者の作り方をご紹介。

韓国版の茶碗蒸しは、日本の茶わん蒸しと違って具がほとんどはいらないので(入れる場合もありますが)、とっても気軽。
でも味には深みがあり、食べごたえはじゅうぶん。そのヒミツは、キムチのうまみ出しとして欠かせない「アミの塩辛」にあります。

アミの塩辛が手に入らない場合は、ナンプラーやヌックマム、いしる、しょっつるなどの魚醤で代用すると、近い味になりますよ。

材料と作り方は次のページへ