世界のデザートにはものすごく甘いものがたくさんあるけれど、食べると素朴でどこか懐かしい味で、ほっと心が和みます。じっくり時間をかけて丁寧に作り上げるからでしょうか。やさしさがギュッと詰まっているような、そんな感じもするのです。
今回ご紹介するのは、インドの代表的なデザート “カジャル・ハルワ”(人参のミルク煮)。カロチンたっぷりの人参と、脂肪を分解し消化を助けてくれるカルダモンをミルクでコトコト煮た、体にやさしいデザート。ヘルシーだからおやつにもピッタリ。甘さを控えめに仕上げました。



◆ 材 料(2~3人分) ◆
人参 ……300g(2本)
水 …… 100cc
牛乳(成分無調整のもの) …… 600cc
砂糖 …… 20~25g(お好みで量を調節)
バター(無塩)……40g
カルダモン …… 2粒
アーモンドスライス …… 適宜

◆ 作り方 ◆

〔1〕牛乳は弱火で約2時間煮る。
途中絶対にかき混ぜないようにしてください。

〔2〕人参は粗くすりおろし、水を入れた中華鍋もしくは鍋に加え、少し焦げる程度までかき混ぜながら弱火で煮つめる。

〔3〕バター、軽く砕いたカルダモンを加え、かき混ぜながら5分程火を通す。〔1〕の煮詰めた牛乳を加え、時々かき混ぜながら水分がなくなるまで煮る。砂糖を加えてさらにかき混ぜ、砂糖が溶けたら火を消し、ローストしたアーモンドスライスをトッピングする。

ポイント
 
◆牛乳を煮詰めるときは、かき混ぜないようにして下さい。

煮詰める時間は、できれば2時間くらいが濃厚になって美味しいのですが、時間がないときは砂糖を少し多めにするとよいでしょう。(牛乳は煮つめることで甘みが増します)
 
◆人参は少し焦がすように煮つめると甘みとコクが出ます。
 
◆スパイスは、カルダモンのほかにシナモンを加えてもよいでしょう。
 


* 日本の人参は甘みが強いので、砂糖はかなり控えめにしてあります。
また、牛乳を長時間詰めることでコクと濃厚さをプラスさせ、バターの量を減らしました。
* 温かくして食べることが多いですが、冷たくしても美味しくいただけます。


エスニック料理関連情報
東京のインド料理店
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。