真っ赤なスープに豚骨の山
 豚骨のエキスがたっぷりしみこんだ
  ほくほくのジャガイモが主役の絶品鍋




寒いいまの季節、気のおけない仲間とワイワイやりたいときにはやっぱり鍋!以前ニュースレターでご紹介しましたが、韓国の人気の鍋といったら、『 カムジャタン 』

『カムジャタン』は、身やゼラチン質がついた豚のしっぽの骨と背骨をニンニクやしょうが、長ねぎなどといっしょに長時間煮こんでから、ゴロッっと大きめにカットしたじゃがいもをいれてホクホクになるまで煮こんだ鍋。
この鍋はとにかくみためがワイルド。豚骨の山と真っ赤なスープの迫力に、一瞬言葉を失ってしまうかも。

このワイルド系の鍋、『カムジャタン』のおいしいお店をご紹介します。



地下鉄銀座線上野広小路駅から徒歩1分。韓国料理店が軒を並べるあやし~い一角に、一軒のスナック風のお店が。そう、ここがおすすめのお店
『 ドランドラン 』


客席が25席のこじんまりとしている店内は、ちょっとスナック風。
でも慣れるといつのまにか落ちついてしまう、なんとも不思議な空間です。
料理をたのむとお通しが何品かついてきて、なくなるとまたすぐ足してくれるサービスがうれしいかぎり。(写真右)



ここのオススメは鍋&スープ!
とにかくスープが絶品です。(左の写真はソルロンタン
¥1000)


とくにおすすめのカムジャタンのスープは、肉の旨みと豚骨のエキスがしみでて濃厚。

「 この鍋はいかに豚の臭みをとるかがポイントなんです。豚骨はこの近辺ではおなじところで仕入れているけど、味はお店によってまったく違います。うちのカムジャタンは豚骨の臭みがありませんよ。」

とお店のかたがおっしゃるように、豚肉のくさみはまったくなし。韓国から仕入れている香ばしいゴマがたっぷりはいっているせいか、真っ赤なスープで辛そうだけど、おどろくほどにマイルド。

カムジャタンのスープのおいしさもさることながら、豚骨のまわりについたホロホロとくずれる肉とプルプルしたゼラチン質のところもたまらなくおいしい。
それから濃厚なスープがたっぷりしみたじゃがいもも。
熱々でホックホクのところを、ハフハフしながら食べるのがなんとも美味!

そもそもカムジャタンの“カムジャ”は、じゃがいも、“タン”は鍋という意味。
豚骨エキスがたっぷりの濃厚なスープがしみこんだ、じゃがいもが主役の鍋なんです。

いつのまにか骨と格闘して夢中になってしまうこの鍋は、栄養価がとても高く、健康食としても食されていて、二日酔い防止や胃腸が悪い時にも最適。
カルシウムがたっぷりで、なんでも美肌効果にバツグンの効き目があるそうですよ。

老若男女問わず食べられている『カムジャタン』
量が多いので、少人数でいくよりは大勢で食べるのがおすすめです。ぜひ忘年会にいかがですか?


『 ドランドラン 』

住所/東京都台東区上野2-5-1 小倉ビル1F
地下鉄銀座線上野広小路駅から徒歩1分 
上野一丁目交差点UFJ信託の1本裏の通り沿い
TEL/03-3836-3690
営業時間 17:00~5:00(平日)、17:00~0:00(日祝)
定休日 無休
価格 カムジャタン 3500円(3~4人前)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。