カレー&シチュー専門店!

看板
朗らかな気分になる看板ですね。
古い喫茶店のような雰囲気の小じんまりとした店内でいただくカレー&シチュー。そのおいしさに酔いしれるファンは実に多い。カレーを語る上では絶対に欠かすことのできないお店ですね。


メニュー!

メニュー
左がカレー、右がシチューのメニューです。
カレーメニューは全部で約10種類。どれも非常に完成度が高く、その表情も全く違うので、「これが1番!」とははっきり決めつけられません。その時の気分や嗜好の違いによって、大きく変わってくることでしょう。


油も控え目!

スパイス
34種類のホールスパイスを含む36種類のスパイスを使用。
ホールスパイスや緑黄色野菜をふんだんに使ったルゥは、とろ~りかつ濃厚。36種類のスパイスが醸す複雑なテイストと野菜の甘みが渾然となった、何とも重厚な味わいです。特筆すべきは、後口に残る清冽なる余韻。圧倒的な旨みの濃さ、香りの濃さを保持しつつも、油や塩分を必要最小限に抑えているので、後口が澄んだ泉の如くキレイなのです。陰から支える心地よい苦みや、玉葱マリネの爽やかな酸味も、そのキレイな余韻を全面的にバックアップ。見た目と実際の味わいに、いい意味でのギャップを感じられるところが実に魅力的ですね。メニューは大半が中辛。一見マイルドなようですが、ワンテンポおいて心地よい辛さがじわじわと追いかけてくるので、食べ進むほどに美味、そしてハマります。


少量ずつしか炊きません!

ごはん
ごはんがおいしいとうれしいですよね。ごはんの上にはチーズ&レーズンが。
それから、もう1つ素晴しいと思える点が。それはカレーには欠かせないごはん(福島産コシヒカリをミネラルやカルシウムを多く含んだアルカリイオン水で炊いています)なのですが、ここでは、一度に5~6人前ほどしか炊かないのです。よって、カレーに負けず劣らずごはんも美味! これにはホントに頭が下がります。


まずはこれ!

和牛ビーフジャワカレー (辛口)
まず最初に食べたい「和牛ビーフジャワカレー (辛口)」(1,680円)。
まず最初に食べておきたいのは、スタンダードな「和牛ビーフジャワカレー (辛口)」(1,680円)。ほのかな甘さの中から感じる「おいしい辛さ」が病みつきです! 特に辛いもの好きにはたまりませんね。


仔牛のミルクカレー (マイルド)
最も食べやすい「仔牛のミルクカレー (マイルド)」(1,575円)。
逆に、辛いものが苦手な人には、最もマイルドな「仔牛のミルクカレー (マイルド)」(1,575円)がおすすめ。国産の仔牛を使用し、クリーミーかつマイルドに仕上げられています。


ド迫力!

シーフードカレー (中辛)
超ド迫力の「シーフードカレー (中辛)」(2,100円)。
また、蟹、帆立、ムール貝、海老、サーモンがたっぷり盛られた「シーフードカレー (中辛)」(2,100円)は、誰もが唸る迫力満点のルックス!


シーフードカレー (中辛)
魚介好きにはたまらない一品です!
具材は、生で入れるものもあり、フランべするものもあり。そしてすべてを時間差で投入しているので、個々の持ち味が最大限に活かされています。様々な表情が見え隠れする、大満足な一品。これはもう豪快に食らいつきたいですね。


最もおすすめしたいカレー!

和牛ビーフタンカレー (中辛)
とてもやわらかな「和牛ビーフタンカレー (中辛)」(2,100円)。
カレーの中で最もおすすめしたいのは、国産の和牛舌を使用した「和牛ビーフタンカレー (中辛)」(2,100円)です。


和牛ビーフタンカレー (中辛)
メニューにあったらぜひ!
分厚い和牛舌のやわらかさと豊かな旨みが秀逸で、食べ進めるほどに美味! 国産の上質な舌が手に入らない時は作られないので、メニューにあったら必ずオーダーすべしです!


季節の野菜カレー (中辛)
野菜たっぷりの「季節の野菜カレー (中辛)」(1,575円)。
他にも、骨付きの地鶏が豪快に入った「チキン(地鶏骨付き)カレー (中辛)」(1,575円)や、根菜を中心とした緑黄色野菜がたっぷりと入った「季節の野菜カレー (中辛)」(1,575円)などがあるのですが、どれも一度は味わいたくなってしまいますね。


次ページは、カレー以上におすすめしたいシチューについて。