愛育病院から生まれた「安産レシピ本」

『愛育病院の安産レシピ』
   『愛育病院の安産レシピ』
紀子さまがご入院されているということで注目が集まっている愛育病院ですが、入院中の食事がおいしいといいうのも評判です。

愛育病院に入院経験のあるママたちからは、「病院の食事なので、あまり期待していませんでしたが、とてもおいしかったです」

「栄養バランスがよく考えられていて、安心して食べられる」という声も。

紀子さまが入院された日に退院したというA子さんは、「最初の健診でレシピ本を頂き、何キロまでなら体重増加してもいいです…とかおやつの内容とか野菜の取り方とか説明してくれました。食事はおいしかったです。

確か週に2回、夕飯のMenuを選び(主菜は決まっていて前菜やパン、デザートを選ぶ)提出しました。配膳もいつもピッタリ始まるので、時計がわりに感じていました。食器がノリタケのフルーツ皿を使用していました。

入院中のMenuのコピーを希望者には渡してくれます。レシピも少しのっていました」とのこと。

そんな愛育病院で産婦さんに人気のある、ヘルシーでおいしいレシピを紹介した本があります。つわり、便秘、妊娠中毒症など、体調別のレシピ紹介もあり、妊娠中のレシピの参考にしたいですね。

『愛育病院のレシピ本』
1470円(税込) 主婦の友社 監修/愛育病院
★現在在庫切れのようですが、2006年9月下旬に重版が決定したそうです。

●妊娠中のレシピ本はほかにも
妊娠中のレシピ本は、ほかにも出ています。食事に迷ったら、参考にしてみるといいですね。

『妊娠中の食事と栄養BOOK』
1260円(税込)成美堂出版 監修/堀口貞夫
妊娠中に必要な栄養のことやメニューも豊富に紹介されている大型判のガイドブックです。

『妊婦さんの栄養バランスメニュー125』
1344円(税込)ナツメ社 監修/牧野直子
つわりで食べられない時期や、食欲がありすぎるときなど、妊婦さんの体の変化に合わせたレシピが紹介されています。

『頭のよい子を生む妊娠レシピ』
1260円(税込) 主婦の友社 監修/澤口俊之
胎児の脳をつくり育む栄養を、妊娠中のママが食べやすい料理にアレンジしてたくさん紹介しています。

関連リンク
プレママのレシピ
妊産婦の食事
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。