愛育病院の出発点は

緑に囲まれた愛育病院
緑に囲まれた愛育病院
愛育病院は、昭和9年3月13日、昭和天皇より皇太子殿下(現天皇陛下)御誕生を祝しての御下賜金をもとに創立された恩賜財団母子愛育会が出発点。

現在は、周産期医療の専門病院として中心的な存在。
産婦人科、小児科、母子保健科、新生児科をはじめ、小児外科、皮膚科、内科、麻酔科が設置されています。

自然分娩を目指し、母乳育児・母子同室を推進。夫の立ち会い出産や、バースプランなどもいち早く取り入れている病院です。

緑に囲まれ、落ち着いた雰囲気の病院

愛育病院に隣接する有栖川宮記念公園
愛育病院に隣接する有栖川宮記念公園
都心にありながら、とても静かな雰囲気の愛育病院。

隣接している有栖川宮記念公園には、ベビーカーを押しながらお散歩する外国人夫婦がいたり、池にはのんびり水面を泳ぐカモの姿も。

紀子さまは入院中、お散歩が日課になっているようですから、こちらの公園もゆったりと散策していらっしゃるかもしれませんね。

>>紀子さまが入院された2006年8月16日に退院されたというA子さんにお話を伺いました>>