妙に分厚いサイコロ型の育児本『おれボテ志』

1日100万アクセスのWEB糸井重里さんが主宰するWEB『ほぼ日刊イトイ新聞』で大人気連載中の子育て日記「おれボテ志」が本になりました。絵と文:うるまでるびさんによる、普通の子の普通の成長を3年間、毎日レポートしたデラックスな絵日記です。

『おれボテ志』の主な登場人物


うるまでるびさんは、「うるま」さんと、「でるび」さんの2人組で、夫婦です。うるまでるびさんは、ウゴウゴルーガのアニメーション「しかと」や「ぶるたぶちゃん」、PS2ソフト「びっくりマウス」の制作などで知られるアーティスト。


うるまさん

妊婦である妻でるびさんを観察した『にんぷのぷ』に引き続き、生まれた子ボテ志くんを観察し続ける父。『おれボテ志』の文を担当。


でるびさん

妊婦である自分を観察し、ネタにしてしまった『にんぷのぷ』に引き続き、生まれた子ボテ志くんを観察し続ける母。『おれボテ志』の絵を担当。


ボテ志くん

働きながら夫婦2人で育てるなんて無理と割りきった親によって、いろいろな周りの人の手を借りて育つ、たくましい子ども。『おれボテ志』のネタ元。


→「なんだか本の内容が気になるな~」と思った方は次ページ