赤ちゃんの名前に使える漢字が広がります。
こんな名前が可能になります。

植物・果実編

苺(いちご)ちゃん
林檎(りんご)ちゃん
橙(だいだい)ちゃん
琵琶(びわ)くん
葡萄(ぶどう)くん

生き物編

燕(つばめ)
鴎(かもめ)くん ※「区」の部分は、「謳」の右部分
蟹(かに)くん
蝉(せみ)くん ※「ツ」は口2つ
鱒(ます)くん
鰯(いわし)くん
鴨(かも)くん
豹(ひょう)くん
雀(すずめ)ちゃん
兎(うさぎ)ちゃん

こんな名前もOK

凉(りょう)くん
兜(かぶと)くん
湊(みなと)くん
椰子(やし)ちゃん
蕾(つぼみ)ちゃん

~★~★~
国民からの削除要望が多かった漢字でも、『「屑」「妖」などは、「星屑」「妖精」のように、他の字との組み合わせによっては不適切とは言えない。』…『「爪」も「爪牙(そうが)」で王を守る臣、という意味もあり、著しく不相応と言えない』との意見で追加することに決定したとのこと。

最近は赤ちゃんの名前を考えるときに「字画」にとらわれ過ぎてしまう方も多いように思います。人名漢字として今回決定された漢字の中には、使い方を間違うと名前としてふさわしくないものもあるようです。

赤ちゃんが一生付き合っていく名前。成人しても、おじいちゃんおばあちゃんになっても、ずっと自分の名前が好きでいられるように、漢字の意味も考えながら、赤ちゃんにステキな名前をプレゼントしたいですね。

法務省はこちら

関連リンク
「赤ちゃんの名前ランキング2003」
「先輩ママに聞いた 名付けエピソード」
「名付け記事INDEX」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。