喧嘩する男女
一緒に暮らすとなると、“閉めとく派”か“開けとく派”かは喧嘩の原因にもなりかねません

“閉めとく派”か“開けとく派”かでわかる相性

■“閉めとく派”ד閉めとく派”
お互いにきちんとした状態を好む者同士、一緒に過ごしたり生活をしたりする分には、不快感を抱くことはありません。その点においては、同じ感覚に親近感や居心地の良さを感じることができるでしょう。

しかし、心配性であったり神経質であるところは、場合によっては自分自身の嫌なところを見ているようで落ち着かないかもしれません。2人とも自分の内側にこもりがちな性格なので、せめて恋人に対してだけでもオープンに接することを心掛けたほうが良いでしょう。

■“閉めとく派”ד開けとく派”
用心深い“閉めとく派”と、大らかでのびのびとした性格の“開けとく派”は、互いの欠点を補い合える相性の良いカップルです。自分にはない能力や良さを相手が持っているため、惹かれやすい組み合わせでもあります。

しかし、一緒に暮らすとなると、一大事。片方が開けておけ、片方が閉めておけ、と譲らなかったら大変です。その場合はルールを決めたり、互いに譲歩し合って“閉めとく派”は神経質にならないこと、“開けとく派”は面倒臭がらないことが大切です。

■“開けとく派”ד開けとく派”
お互いにオープンで前向きな性格の者同士、この組み合わせは傍目にも気持ちのいい、明るいカップルになるでしょう。“開けとく派”は人付き合いも得意なので、いくつかのカップル同士や、グループで遊ぶなど、周囲に人が寄ってくることも多いはずです。

ただし、似たもの同士で相手のことがわかりやすいため、刺激に不足したマンネリの関係に陥るのも早そう。人は未知のものや見えないものに興味を惹かれるものですから、とくに男と女の関係の場合、オープン過ぎるのもほどほどにすることが、交際を長引かせるコツかもしれません。

“閉めとく派”はどんな性格か? も読む

“開けとく派”はどんな性格か? も読む

【関連リンク】
相性診断

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。