開けとく派
開けっ放しはだらしないと言われがちですが、場合によっては要領を良くする利点もある……?!

“開けとく派”の性格とは?

■面倒臭がりやだらしない一面は否めず……
引き出しや瓶の蓋など、利便性を考えて意図的に開けておく場合は、その状態よりも行動や作業に没頭する、集中力の高さが伺えます。自分のなりふりや周りを気にせず、何かを成し遂げることだけに注力できるタイプだと言えるでしょう。しかし、このタイプにはやはり、面倒臭がりやだらしない人が多いことは否めません。

開けるか閉めるか、だけであればさほど問題はないのですが、開けっ放しの引き出しに躓いたり、半閉まりの蓋を掴んで箱の中身をぶちまけたりなど、おっちょこちょいな失敗も多いはず。なくし物や忘れ物が多いのもこのタイプです。落ち着きなくバタバタと動き回る傾向も強く、細かな作業を面倒臭がったり、だらしない印象を与える原因となります。

■気持ち良いほどオープンな性格で、大らか
ドアや窓を開け放しておくことに対し抵抗感がないのは、そのままこのタイプのオープンな性格を表しています。開放的でのびのびとできる空間を好む人は、自身も大らかで視野が広い人が多いでしょう。

このタイプは細かいことがさほど気にならず、何事も全体像で捉える傾向があります。悪く言えば大雑把なのですが、比較的楽観的で、前向きな人も多いようです。人付き合いにおいても壁を作らず、誰に対しても平等な態度を取る性格は広く人に好かれるはず。

次のページでは、“閉めとく派”か“開けとく派”かでわかる相性について解説いたします。