関西男の良さとは? 関東女が惹かれる理由

「関西男×関東女」恋愛観のそれぞれのタブーとは?

関西出身の男性はどんな性格の持ち主……?

 
 
関西弁では、「せっかち」な(人の)ことを「イラチ」と申すようでございます。私の知っている限り、関西出身の男性はすべてイラチ。ご飯を食べるのも早ければ、風呂もトイレも早い。「何もそんなに急がなくても…」と、思わずにはいられません。しかし、それだけ多くのことを短時間でこなせるということは、裏を返せば結構デキる男だということ。よく、「デキる営業マンは飯を食うのも早い」なんて言いませんか? 要は、「次から次へとやることを考えている=頭の回転が速い」ということなのではないでしょうか。

そして、関西の「お笑い文化」も、関東女に関西男がモテる重要なポイント。好きな男性のタイプとして、「一緒にいて楽しい人」「面白い人」といった項目は大抵上位にランキングされているものです。関西の方々は、たとえばどうでもいいようなことを大げさにボヤき、周囲の人に「あいつはアホとちゃうか?」と思わせ、自分を笑い者にすることで相手を楽しませます。そんな高度なユーモアが、関東女を尊敬させるポイントなのです。  

関西男はなぜ関東女が好き? 芸能界カップルにも

そんな関西男は、関東女が比較的お好きなようでございます。私が友人に聞いた限りでは、「関西の女性に比べ、関東の女性の標準語はおっとりとした上品な話し方に聞こえる」「か弱そうで洗練された感じがする」などといったイメージを抱いているようです。もちろん、すべての関東女がそうではないことはわかっているようですが、あくまでも傾向として、です。

関西男の頭の回転の良さとユーモア、そして関東女のおっとりとした話し方や洗練された上品さは、大変相性がいいようです。

が、しかし……。人によっては、お互いの嫌なところばかりが目に付いて、どうしても受け入れられないというケースもあるようです。
 

関西男が関東女に嫌われる恋愛観3つのタブー

「ねぇ、たこ焼き食べよー」「じゃ、ワリカンで250円ずつな」なーんて会話がされているかどうかは……?

「ねぇ、たこ焼き食べよー」「じゃ、ワリカンで250円ずつな」なーんて会話がされているかどうかは……?

 
 
 
1.ムードづくりが苦手
スピードワゴンさんの「あま~い!!」というネタにあるように、関西男は甘いセリフも笑いに変えてしまうもの。意外とロマンチストが多いにも関わらず、基本的に照れ屋なため、それをうまく表現できません。そのため、「いい雰囲気」をつくり出すことができないのです。

2.ガサツさが命取り
よく言えば寛容で小さなことを気にしない性質なのですが、悪く言えばガサツでだらしないのが関西男。関西男には比較的、声の大きい人が多いため、公衆の場で大声を出されることに女性が恥ずかしさを覚えることもございます。

3.お金にセコイ
とにかくお金に細かいのが関西男の中でも大阪府出身の男性。たとえ浪費家タイプであっても、変なところでセコくなったりすることがあります。何でもお金に換算してからその価値を決めるなど、コストパフォーマンスに厳しい点にはウンザリさせられることも。
 

関東女が関西男に嫌われる恋愛観3つのタブー

関東女のプライドが東京タワー並の場合、恐らく関西男は近寄って来ないでしょう

関東女のプライドが東京タワー並の場合、恐らく関西男は近寄って来ないでしょう

 
 
 
1.ボケきれない女はつまらない
関西男は、たとえ女性が何か間違ったことを言っても、それをボケと捕らえてつっこむものです。多少知識が乏しくても、笑いが取れるならOK、といった考え方なのでしょうか。しかし、とくに東京の女性に多く見られる、プライドが高くてボケ役にされるのを嫌う関東女は×。つっこみの平手打ちを受けられないようでは、関西男の心は掴めないのでございます。

2.社交性のない女は×
関西男は大勢でわいわいと騒ぐのが好きです。友達の友達は自分の友達、といった具合に、仲間も大切にするもの。また、自分の彼女も気軽に仲間に紹介するため、彼女に対しても自分と同じように仲間を大切にすることを求めます。よって社交性がなく、引っ込み思案な女性はあまり好まれません。

3.気の強い女はダメ
どちらかというと、男尊女卑の傾向が強いのが、関西男の地域性です。女はか弱く儚げであって欲しいと望んでいます。そこで、気の強い女性は×。何か意見を言う時でも、命令口調や言い切り型は受け入れられにくいので、「○○がいいかな」「○○はどう?」などといった提案型がベストです。

以上、「関西男×関東女」それぞれのタブーでした。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。