【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

仕事からプライベートに切り替わるスイッチは?

画像の代替テキスト
仕事に邁進する30代女性にとって、仕事関係で出会う相手は恋の最有力候補。仕事場って意外とお互いの本質が見られるから。
「いい男がいない」とは恋人ナシ30女の口癖ベスト3のひとつだけど……。よーく考えてみると、いい男がいないわけじゃない。世の中にいい男はいっぱいいるけれど、自分と恋に発展するいい男がいないだけだ。いくらいい男がいたって、他の女と恋愛や結婚している男は、テレビの中のアイドルと同じようなものだもの。自分専用のいい男ってどうしたら探し出せるんだろう?

ある男友だちがいった。男と女の間に恋がはじまるためには、3つの“ing"が必要だと。

それは、タイミング(timing)、フィーリング(feeling)、ハプニング(happening)。パッと聞いても、何となく納得だけど、改めて考えてみると、深いなと思う。

ステップ1 タイミング!(意味:適当な時をみはからうこと。頃合いを見計らって動きを合わせること)

まずは、出会った時、お互い、恋人や伴侶がいないかどうかは、すごく大きなタイミングだ。

タイミングが重要なポイントはほかにもたくさんある。たとえば、いいなと思う相手でも、ものっすごく仕事が忙しい時期に誘われてもOKできないし(物理的にね)、そのうち、相手があきらめてしまう……なんていうのはタイミングの悪さだし、彼の気持ちが盛り上がって「今夜はどう?」と言われた時に、こっちの準備ができてなくて、断ったことがキッカケで急速に距離が広がることもある。

そう考えると、相手のタイミングはコントロールできないけれど、自分のタイミングはある程度、自分次第。恋を受け入れる心身の準備を整えておけば、自分次第でつかめるタイミングもあるのだと思う。

ステップ2、フィーリング!(意味:感じ、感覚、心地、気分。または、感情、情操)

これは、みんながよくいう、「好みのタイプは、フィーリングが合う人!」とかいうアレだ。価値観とかノリとか波長とか、目には見えないものの総称としてフィーリングという言葉は使われているよう。

たとえ魅力的な男でも、一緒にいて、お互い(←ココが重要!)が気持ちよくなれたり、成長できる相手じゃなくちゃ本気で恋できないし、恋してもらえないもの。フィーリングだけでは生涯の相手は決められないけれど、フィーリングが合わなくては恋も会話も楽しめないのは……たしか。

フィーリングって無理に相手に合わせるものではなくて、お互いで感じ合うもの。だから、大切なのは、できるだけ飾らずにオープンハートになること。素の自分で接して気持ちよくなれる相手こそ、運命の恋人かも!

そ・し・て、最後の“ing"、ハプニングについては次のページにてお伝えします。