ペール系のこのコントラストが春ホルモンのスイッチを押します
来ました、待ってました、このシーズン。草木も匂い立つ美しき繁殖シーズンです。

地球上の数ある動植物は、春を感じるやいなや一斉にスタートを切って、我先にと子孫の繁栄にむけてその営みを始めています。そして、その必要性は草食だろうが肉食だろうが同じ事。もちろんヒトという種も同じようにカラダが反応していきます。

そして、私たちの国には桜の花とともに、その春ホルモンを積極的に増加させる素敵な文化があります。そう、花見宴会。幾千年も育まれながらすべてが治外法権となったその宴に、すでに市民権を持っている合コンという現代の文化を重ねれば、その愛しき文化のミルフィーユは、後ろむきになりがちなナイーブ男子の背中をも、そっと甘噛み、いや後押ししてくれることでしょう。

ささ、人目もはばからず肉食主張が許される花見合コンへ。その、傾向と対策を4つの論点でお届けします。

→まずはリサーチ系論点から