すぐ彼女ができる男性の特徴3つ

すぐ彼女ができる男性の特徴

いっつもこうなるアイツはいったいどんな生態なんだ?

あいつ、いっつも違うコ連れてるよねとか、あいつカノジョと別れるんだけどすぐ違う子出来るんだよねとか、学生時代だろうが同僚だろうがいませんでしたか?

今思えば確かにあいつらは、オンナ切れなかったけどなんでだろうって気になります。オトコが切れない女の子とはまた違うニュアンスのはず。家が金持ち?稼ぎが多い?顔に自信がある?小さい頃からちやほやされてきた?さあなんでしょ。ココが分かれば、そこだけ集めて粉にしてここ一番呑めばすぐモテるってなって、モテるだけじゃなくて絶対億万長者です。さ、みんなで研究しましょう。
   

すぐ彼女ができる男性の特徴1:基本的に女性みんなに優しい

楽しい会話と時間が大事だから細かいことは云わずに盛り上がる系

楽しい会話と時間が大事だから細かいことは云わずに盛り上がる系

まず、そんな奴らモテ男は、ニュートラルです。つまり偏ったヒトとしか話さないなんてことはありません。それは例えば男子としか話さないとか、女子は太った人しかダメって云う、フェチの問題とかじゃあなくて、壁がないという意味です。男女問わず、美女や真逆も問わず、誰ともフレンドリーに話すその空気感。

これは、廻りが取っつきやすいのももちろんですが、実は、モテ男自身が常日頃スタンバってるという証に他なりません。よく、あ、いいなあのコと思っても、妙に意識して一拍おいてしまって機会を逸することはありませんか?しかもその後念力で、いやきっとあのコとはまた会える、それもばったり街で再会して、流れで食事してそん時悩み相談されて、そのままベッドへなんて、超誇大妄想してみたり。でも、そんな妄想トリップしてる間に、モテ男はサクッともう会話してるはずです。あれ?なんてこっちが見ると、もう耳元でなんか云ってて、やあだぁなんてあのコに腕捕まれてたりして。それイヤじゃないじゃんオマエなんて脳内でつっこみ入れてても、もうお終いです。あのコはモテ男のモノです。

取り入れるべき生態1:誰とでもニュートラルに話をして常にスタンバっておく。

すぐ彼女ができる男性の特徴2:いつもうっとりしてる

あーしてこーしてこーいわれたらあーいうしって妄想全開

あーしてこーしてこーいわれたらあーいうしって妄想全開

とはいえ、しゃべくりまくってるだけじゃあ、その辺のおばちゃんやおっちゃんと変わりません。オンナが切れない奴らはそれだけじゃあないはず。そうですね、奴らはいったい何話してんでしょ?どうすりゃ一瞬でやっだぁってなってもらえるのでしょう?

どうやら奴らは、普段からいろんなこと考えちゃあうっとりしてる見たいです。例えば、ディスカバリーチャンネルとかで、世界のビーチランキングみたいな映像が出てきた時に、あーこんなところにあんなコといったら楽しいだろうな、とかです。しかもここからさらに、成田からエアタヒチヌイに乗って、パペーテトランジットでボラボラか。成田まではどうしよう、やっぱエムケーのハイブリッド呼んで、彼女んちピックアップが気分だよね。前泊するならパークかグラハイか。でもそうすると、それで十分ってなっちまいそうだから、逆にまずはパーク行くか。リッツに新しく出来たグリルもうまいって云うし。じゃミッドタウンのオランジェで集合?でもメシもそこでいっか。なんなら店の目で待ち合わせして、すぐ誘ってみるとか。いやそれは無理だ。やっぱボラボラかあ…高けーなー…

常にこんな風に妄想と想像をうっとり繰り返している様子。それも、自分だけじゃなくて、女の子と一緒に楽しむことをイロイロ考えてるよーです。それだけに、じゃこんなのどうっていいながら、彼女に話して無理よ最初からそんなのとかじゃあこうしない?とか、とにかく楽しきご提案男。これが、やっだぁってすぐなる理由らしいです。よくしゃべるし、楽しいことばっかよくしゃべる。たとえ口数そんなに多くなくても、なんか提案してエーってなったとき、じゃあさじゃあさって食いつく瞬発力。こうやって遊ぼうよ、じゃあこうしない?って何度も云ってくるコは、確か砂場でもすぐに友達になりましたよね。そう、小さきあの頃といっしょかもしれません。

取り入れるべき生態2:女の子と一緒に遊ぶ楽しいことを常に想像する。エロイことだけじゃなくて。
 

すぐ彼女ができる男性の特徴3:それ故のオーラはウエルカム

なんだかいっしょにいてドキドキしながらも安心なのってとこすかね

なんだかいっしょにいてドキドキしながらも安心なのってとこすかね

結果どうよって、こうなると、誰とも淀みなく話すし、良いなと思った子が居れば瞬発的に、こうやって今度あそぼーよって誘うことができる奴が、イケル奴のようです。確かにこういうノリで髪の毛茶色くてアシンメトリーになるだけで、イケル奴がチャラ男になって、やがてプロっぽく見えてくるかもしれません。そして芸能人ともなればそのベクトルでのオーラはマックスです。

つまり、場数が増えればオーラが増加するわけです。で、こういうオーラは否定的にとらえられがちですが、トーンがよければ全く問題ありません、つーかむしろその良質なオーラが大事。

色んな人とのコミュニケーションや、体験してきた時間やオケージョンでもって、その人の雰囲気はさらに魅力的になったりします。確かにオンナが切れない奴ら。すでに奴ら呼ばわりですが、彼らは、その立ち居振る舞いが故に、ウエルカムなオーラが醸し出され、女子に抵抗感を生まないのかもしれません。時にはチャラ男にみられようが、ゼロよりはましなはず。スポーツで云う試合勘のようなものです。合コンを試合と呼ぶ人が多いのもうなずけます。

取り入れるべき生態3:場数を増やして良質なオーラを手に入れる。

まずはアップから始めて本戦に備えましょう。意外とアップ中に切れのイイ展開になるかもしれませんよ。


【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。