【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
 

その1:自分の部屋が冷えて見えた時

「一緒に住もう」と言われるかも…?男性が一緒に暮らしたくなる瞬間を解説

「一緒に住もう」と言われるかも…?男性が一緒に暮らしたくなる瞬間を解説

さあ、今回もテキトーな恋愛指南、オトコが催すその瞬間です。とくにいろんな催しの中でも、一緒に住みたい、という原始的かつ終末論的な大事な発想にフォーカスします。

考えてみると、何歳ぐらいからこんなコトを考え出すのでしょう。今月小学校卒業の12歳とかじゃまだまだホワイトデイのお返しでいっぱいいっぱいなよーですし、中学生でも無理。そうですね、多感な高校生ぐらいが第一回ですかね。逆にその洗礼をそこで受けてないと、30過ぎるまで一回もそんなことはよぎらないかも知れません。確かに世に出れば出るほどひとりの女性を安定して愛しながら生活を確保していき、かつ子孫を残していくことの大切さや大変さがわかっちまいますからね。

なわけで、催すそのスイッチを改めて再確認し、催さない方は自主トレを、忘れてたヒトは再起動を、そして女子の皆さんはソコをつついて下さい。さあ、今日も地道な少子化対策の始まりです。  
 

その2:旅行に行って洋服をたたまれた時

いつもと同じはずの部屋が、いつもと全く違う色に見えて…

いつもと同じはずの部屋が、いつもと全く違う色に見えて…

転勤や異動の辞令が多いこの時期。来期の予算確定や新人の受け入れなど、段取りで帰りも未明に。飲みに行くパワーもなく、帰りにコンビニでいつものつまみとビールを買って部屋へ。

あれ?今朝出かけたまんまだけど、なんかおかしい。こんな寒々しかったっけ?

そこ、スイッチです。
まったくいつもと変わらず別に人が入ったわけでもなく、いつもどおり散らかってて布団もめくれ、何度となく見てきたそんな画像が、ある日突然、異質な寒々しい他人のモノのように見える時。こんな時、男子は巣の重要性と子孫を残す重要性に関するなんらかの想いが流れたはずです。残念なが動物学者でも脳学者でもないためテキトーですが、ココロに風穴が空いたのは見逃せません。

こんな時は、ナンとかカーサとか男のガレージみたいな、巣に関する妄想雑誌を買って、まず家からモチベートしてみるとか。案外そーいうのみると萌える男子は多いですから、そんな時にさりげなく家系の本置かれると、有効なクロージングツールになったりして。

その3:率先して動いてくれた時

旅先のこんな風情は、オトコゴコロを隙だらけにします

旅先のこんな風情は、オトコゴコロを隙だらけにします

>これ掛けとくね
>え?
>上着もう着ないでしょ
>あ、サンキュー

初めてふたりで出かけた遠出の旅行。部屋の露天が人気の宿に着いて、部屋に入るとスグに動き出したカノジョ。ジャケットを丁寧にクローゼットへ掛け、浴衣を出したりカバンを整理したり。畳に正座しながらサッサと動くその動画にココロが揺れない男子はいません。

あ、このコと毎日こうだったらいいかも。

ちょっとオヤジ目線ですが、いーや男子は変わらないはず。この体験は早いヒトは高校生の頃に井の頭公園横のラブホで体験してるハズですから普遍です。こんな時にぬかりないカノジョが一言追い打ち掛けたりします。

>わたしこういうの好きなの。

つまり片付けじょうずの高家庭力ってアピールです。もちろんそんなビームにはイチコロ。やがて、ごろ寝のゴシガルのハッピーターンが待ってようが、この時は後光が差してマリア様のよーに見えるはずです。そう、このスイッチは最大瞬間風速が吹きやすいですので、是非とも大切にしていきましょう。

その4:率先して動いてくれた時

アタシがやるから大丈夫、って云われてなんだかグッと来るボクみたいな

アタシがやるから大丈夫、って云われてなんだかグッと来るボクみたいな

>このクーポンまだ使えんのかな
>どうなんだろうね
>もうダメだったらどうする?
>じゃアタシお店のヒトに聞いてくる。
>…

悩んでるより聞いた方が早いじゃんとばかりに、カノジョはすたすたと聞きに行ってしまいました。こんな時、その何とも言えない仕切られ感。切ないけどなんか楽だし、頼っちゃうみたいな。ほんとはオトコのオレが動かなきゃいけないのにウジウジしてたばっかりに…

動きの良いカノジョの戻りを迎えるカレの胸には、淡い欲望がいっぱいに拡がってるはずです。そう、コイツとなら暮らしていけるって。

普段、あれこれ仕切りがちの動きがイイ奴に限って、ひとたびフリーズすると、そのフォローへの対応は倍加します。あ、こういうのもいいな、とか、自分だけじゃない力を合わせることで得られる満足感を初めて知るみたいな。こうしてヒトは結婚するのかぐらいのプリミティブ系感動を呼べれば、持って行けます女子の皆さん。

その5:「この人と一緒に住みたい」と思ったとき

あれ?なんだろこのモワッとした感じ…さてはネットで読んだあれか…?

あれ?なんだろこのモワッとした感じ…さてはネットで読んだあれか…?

男子が巣を作ってもイイカナって思った時。前述の論点だと、寒々しい部屋の画像を見た時や、甲斐甲斐しく洋服をたたむ旅館でのカノジョの動画を見た時や、仕切られてるのを悟った時。共通して流れるある感覚があります。

それは、胸の中に拡がるモワッとした感じ。

あ、このコとなら、とか、やっぱりオレはコイツと、とか、なにやら内部から湧き起こる決意に似た独特の感触です。このモワッとした感じをつかむべく、マメに恋愛してスグ人を好きになったり、ラテンモードで夢中になったりスル練習を積み重ねれば、もう大丈夫。

やがて、なんかの拍子に新しいカノジョとデートしてても、あ、キタキタあの感じ、なんて自ら楽しめるようになるかも。そうなればあなたはもうプロフェッショナルですから、同棲も結婚もお手の物。なーにダメになってもまたモワッとすればいいんですから、怖くないスよね。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。