【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
あー、オレ、なんかもう違うなー、つーかちゃんとすっかぁそろそろ
さあ、今回もテキトーな恋愛指南、オトコが催すその瞬間です。とくにいろんな催しの中でも、一緒に住みたい、という原始的かつ終末論的な大事な発想にフォーカスします。

考えてみると、何歳ぐらいからこんなコトを考え出すのでしょう。今月小学校卒業の12歳とかじゃまだまだホワイトデイのお返しでいっぱいいっぱいなよーですし、中学生でも無理。そうですね、多感な高校生ぐらいが第一回ですかね。逆にその洗礼をそこで受けてないと、30過ぎるまで一回もそんなことはよぎらないかも知れません。確かに世に出れば出るほどひとりの女性を安定して愛しながら生活を確保していき、かつ子孫を残していくことの大切さや大変さがわかっちまいますからね。

なわけで、催すそのスイッチを改めて再確認し、催さない方は自主トレを、忘れてたヒトは再起動を、そして女子の皆さんはソコをつついて下さい。さあ、今日も地道な少子化対策の始まりです。

→まずはこんな時