【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
恋するふたりのプロポーズトリップ (COPYRIGHT The Langham Hong Kong)
さあ、桜も散り夏にむかってペースを上げていくプロポーズマーケット。いったいいつそんな市場ができたか定かではありませんが、そんなモン云ったもの勝ちなので今日出来たことにしましょう。

確かに巷では、草食だの肉食だのエスだのエムだの、ただでさえ血液型や星座や干支で縛りの多かった私たち日本人としては、これ以上どうするのとばかりにいろんなくくりが増えています。それもそのはず、このリセッションムードのなか順調に結婚する方々は増えていて、ウエディングマーケットは堅調な様子。いろいろお買い得だから、こんな時に一気に結婚して家も旅行も結婚式も安くやっちゃえ的な事もあるのかもしれません。

とはいえまだ今日できたばかりのプロポーズマーケットでは、まだ何が高くて何が安いのかは全く見えないところ。それだけに、求婚前提戦士の背中を押すガイドとしては、「想い出コンシャス」なプロポーズをオススメします。つまりきっちり息子や娘に語れる記憶を残しましょうと云うこと。てなわけで、今回から新ジャンルとして、プロポーズ旅行を提案します。