【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
うーんコクっていいのかどうしようか悩ましい…
>好きだよ。
>ヒロシほんと? 私も大好き!

あーあ、云っちゃった、しょうがねぇもう後にはひけねぇ、でも昔はこんなこと滅多に云わなかったのになぁ。なんて、全盛期を懐かしむ自称「オレまだイケル」オヤジな方も多いことでしょう。

でも、この好きだよの確認作業で両想いが判明するその瞬間は、タクマ君やユメト君が幼稚園の頃でも、パパ達がデイケアセンターに通い出す頃でも、きっと胸躍るひとときなのでしょう。ばあさんを取り合いしてるラテンじじい達みたいな…

だめだおかしすぎて書けない。いや、気を取り直して続けましょう。そんなわけで、好きだ! っていうこのとても大切な言葉の取り扱いを、ちょっと検証してみましょ。どんなコには云って良いのか、どんなコには覚悟がいるのか的なアプローチで。