【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

婚活は現場で起こっている!パーティでの出会いの瞬間を検証

さまざななパーティの現場体験から検証!現場ではこう動け!

大人数が集まり、とくにカップリングなどもないパーティや異業種交流会、ホームパーティ――そんなときに、どう振舞えば、次に繋がる出会いになるのか?今回、検証してみました。「こんな男女は自然に出会いを広げていた」という例をいくつかご紹介いたします。大人数が集まる場所で自然に連絡先を交換し、次に繋げられていた人達はこんな人たちです。“使えそうな心がけ”をぜひ、実際にお試し頂ければ幸いです。

■友達と2人組で参加するとパーティ婚活はうまくいく!

パーティは一人参加ももちろんOKのはず。でも会話のテンポが会い、いつもの自分のキャラが出せる相棒と参加した方が、自然な笑顔にもなれるし、知らない人に話しかけやすいようです。このときできれば自分と同じか、またはそれ以上のイケてる同性と参加することです。これにより、個人の実力では難しい相手達とも交流でき、さらには次回の飲み会の参加権も得られます。


■お酒を適度に飲んだ方がパーティ婚活はうまくいく!

やはりお酒は適度に飲んだ方が、テンションがあがり社交的になれます。しかし、飲み過ぎてベロンベロンになっている人は逆に怪しがられ(とくに男)、避けられていたようです。自分自身が気持ち良く酔えるお酒を事前に知り、“出会いのカンフル剤”として適度に摂取しましょう。パーティのオープニングよりも、お酒がまわりはじめた中盤以降の方がコミュニケーションは盛んになり、会場のざわめきも大きくなります。最後の方には司会など無視して会話で盛り上がる男女もいるほどになります。まさにお酒は“出会い水”ですね。

■とにかく名刺を持参したほうがパーティ婚活はうまくいく!

会社の名刺記載のメルアドに私用のメールが来てもOKな方は、会社の名刺を。それがNGな方は、自作の名刺をとにかく数多く用意し、その場で相手の名刺と交換すると効率的!連絡先を紙に書いて渡したり、赤外線通信をするよりもスピーディに出会いを広げることができます。それに“名刺交換”は、大人の常習行動ですから“恥ずかしさ”もあまり感じずに実行できますね。

■2週間以内に飲み会日の設定をした方がパーティ婚活はうまくいく!

その場で「じゃあ、2週間後の金曜日、一緒に飲み会しよう!互いに集めようよ!」と約束してしまうことです。これで今日の出会いが確実に“増殖”します。パーティにせっかく参加しても、日頃の生活に戻ると一気に気分が冷めて“連絡先すら見なくなる”ものです。自分自身の心、そして相手の心が浮かれているそのうちに“次回の約束”を固めることです。

次のページでも続々とご紹介してゆきます!