【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

ヘレン・フィッシャー博士にインタビュー!

ヘレン・フィッシャー博士
「日本女性も自信をもって、婚活に挑んで。いろいろなツールを使い、諦めないことです」と、フィッシャー博士
世界最大の恋愛・マッチングサイトmatch.comは、恋愛科学の第一人者でmatch.comのチーフ サイエンスアドバイザーでもあるヘレン・フィッシャー博士の来日、およびmatch.comの新サービス、match.com marriageの開始を記念して『パーソナリティー・タイプ マッチングパーティー』を開催しました。

国際的に有名な人類学者のフィッシャー博士が今回の来日で「婚活」について語り、科学的に相性のいい相手の選び方などをレクチャーしてくれるというのです。婚活の悩みに、恋愛科学の知識でアドバイスをもらうチャンス! さっそく、気になるパーティーを取材して、フィッシャー博士にインタビューしてきました。

人はなぜ恋に落ちるのか

人はなぜ恋におちるのか

フィッシャー博士の著書 『人はなぜ恋に落ちるのか?』(ソニーマガジンズ)
フィッシャー博士は恋愛科学の研究を生物人類学の観点から行う世界的な権威。恋に落ちた状態の人の脳内をfMRIでスキャニングする研究を行うなど、人間の性、愛、結婚における生物学の役割について研究を続けています。

研究の結果、恋愛感情とは脳にある思考回路の3つの要素【(1)性欲、(2)愛、(3)愛着】のうちの1つだいうことがわかったそうです。男女が深く愛し合うためには、この3つの要素それぞれすべてを満たすことが大事なのだそう。

恋愛を科学的に説明すると、基本的に特定の相手を意識したときに、ドーパミンと呼ばれる運動調節、ホルモン調節、意欲、学習などにかかわる神経伝達物質が分泌されて、高揚感と強迫的な思考が発生。その後におだやかな愛情、安心感が生まれ、信頼関係が築かれると、相手に愛着を感じることになるものだということ。人によって愛着を感じてから恋をする人もいるし、性欲、愛、愛着の3つのうち、どれを大切に感じるかは人によって違うものです。

婚活、婚活……と、あちこちで耳にしますが、婚活の前に「自分はどんな人を求めているのか」「何を基準に結婚相手を選んだらいいのか」最初の一歩で悩んでいる女性も少なくありません。今回、フィッシャー博士に取材する前に婚活中の20代、30代の女性に婚活についての悩みを聞き、その質問をフィッシャー博士に答えていただきました。

次のページではフィッシャー博士へのインタビューをご紹介します。