結婚願望がある男性の特徴

会話するカップル
これから何十年先、一緒にいて辛そうな人とは結婚したくないと思うのは当たり前のことです。
男性が結婚を前提に付き合うと、価値観や金銭感覚が自分に合うかをチェックするようになります。実家の教育方針や、自分の育ちなど、お互いの家庭観の相違点を話し、結婚後の未来がどうなるかを検討しているのです。

子ども好きをアピールする男性が必ずしも結婚を考えているとは限りませんが、「子どもがほしい」と言うようになったら、結婚相手として見ていると考えて良いでしょう。

未来の話は具体的?


未来の話をすると、ごまかしたりキレたりする人は、当然ながら結婚を望んでいません。ただ、未来の話といっても、「子どもの名前は○○にしよう」「チャーミーグリーンのCMみたいなおじいちゃんおばあちゃんになりたいね」と、理想だけを語るのも結婚につながらない恋愛です。

家事の分担はどうするか、どの保険に入るのか、育児中の収入はどうするか、マイホーム計画の積み立てはどの銀行にするかなど、結婚には現実的な問題がたくさん横たわっています。ただ付き合うだけなら、このようなケンカになりかねない話題は回避しますが、結婚する覚悟があるなら議論するはずです。

男性にとって結婚とは?


結婚とは、これから何十年先まで一緒にいることを「覚悟」するということ。遠い将来まで具体的に考えるようになると、化粧品や洋服に給料をつぎ込むことや、家事嫌いなど、「彼女」なら許せていたのに、「妻」として見ると許せないことがあるはずです。男性も結婚を考え始めると、相手に求めるものが変わってきます。

当然ですが、結婚願望が強い男性でも、結婚したいと思えない女性にはプロポーズしません。恋愛では女性のほうが主導権を握ることが多いですが、結婚するかしないかは男性が主導権を握っています。結婚したいサインが出ている男性なのに、結婚に結びつかないことが多いのであれば、女性にも問題があるのかもしれません。


婚活女子必見! 彼ママ攻略~初対面編~

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。