【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

新しい彼氏と付き合ってみて「なんか違うかも……」と感じたら?

なんか違うかもと新しい彼氏に感じたら?

なんか違うかもと新しい彼氏に感じたら?

新たな恋愛が始まって、せっかく新しい彼氏と付き合い始めても、わずか1~2ヶ月で何か「この人でいいのかな?」と思う瞬間ってありませんか?

例えば、女性の場合は彼が浮気しているかも、遊ばれているかもなど、他の異性の匂いを感じる疑惑、さらに束縛や暴言など性格の問題点などが挙げられます。そんな時にせっかく付き合い始めたばかりだからと、自分の「直感」を見ないフリをして後々に大きな代償として返ってきた・・・なんて経験を過去にした人もいるのではないでしょうか。

後でやっぱり「付き合わなければ良かった」、「時間の無駄だった」と思わないためにも、もし付き合い始めに、そんな「直観」を感じたならば「後悔しない恋愛」を最小限に抑えるために、入口の時点で見分けるポイントを一緒に学んでいきましょう。
 

今の彼氏が自分を幸せにするかどうかの簡単見分け術とは?

わずかな期間であっても、自分自身が「ん?待てよ・・・本当にこの人と付き合い続けていいのだろうか?」と感じたのであれば、まずは自分よりも長く付き合っている彼の周りの人たちを見るのが一番わかりやすいのではないでしょうか。

1:彼の一番の親友に会ってみる
2:女友達を含めた彼の友達グループと飲んでみる


以上、彼の周りから判断できる簡単に見分けられる「人間性」チェックで、今後のヒントにしてみて下さい。
 

まずは彼の親友と会ってみて見極めるコツとは?

1:彼の一番の親友に会ってみる
まず最初は、「彼の親友と会ってみる」ことです。
すでに1~2ヶ月も付き合えば、彼の交友関係などを知るなど少し深い付き合いに発展していく時期だと思います。ここでのチェックポイントは彼の親友は「類は友を呼ぶ」通り、相手の人間性を見ることができます。

親友というのはお互いに一緒にいて心地良い関係性だからこそ続くものです。例えば、女グセ悪い男と女性に対して真面目で一途な男性では友達にはなれても、深い親友関係には幼馴染み以外で大人になってからはなりにくいものです。必ずしもではないですが、もし彼の親友がどうしても好きになれない場合は、彼との相性の1つのサインであると言えるかも知れません。

後は、親友に会わせてくれない場合も注意が必要です。もしかしたら彼から「付き合おう」と言われても、別に本命の彼女がいたりする場合があります。当然ですが、その場合は残念ながらあなたは彼の友達や彼の本命の彼女の周囲の人間からは「非公認の彼女」という立場になりかねません。

仮に、彼にそもそも親友がいない場合も1つの目安になります。やはり何十年も生きてきて周りに応援してくれる仲間や友人がいないというのはコミュニケーション能力にもやや欠点があると見ていいかも知れません。

2:彼の女友達を含めた交友関係をチェックする
もう一つのポイントは彼の周りに友達がたくさんいるかです。先ほどの親友とはまた違う視点でどんな人脈の人がいるのか探ることも大切です。職場や学生時代、さらに趣味を通じた仲間など幅広いほど社交的であると言えます。

手っ取り早いのは、そんなグループの人たちと一緒に飲みに行く時に連れて行ってもらうことです。彼がたくさんの人前にしっかりと自信を持って「自分の彼女」と紹介したり、彼女に対して気遣いができるかをチェックできます。

先の親友と同じように、もし、あなたが大切にされていなければ、そんな場所にわざわざ連れて行きたがらなかったり、決して彼女とは紹介せずに「友達の一人」になっているかも知れません。

さらに複数の友人グループで女性がいる場合には、彼のグループの女の子友達も味方につけておくことも重要です。自分の恋愛だと見えなくなりがちですが、不思議なものでなぜか人の恋愛は冷静に分析しているものです。なので、そんな彼の客観的な人柄や過去の恋愛も知りうる大切な存在だと言えます。
 

なんか違うかも……「心のサイン」を見逃さないことが幸せになるコツ

恋愛も始まりが肝心です。何か疑問に思ったら自分だけで抱え込まないことが大切です!

恋愛も始まりが肝心です。何か疑問に思ったら自分だけで抱え込まないことが大切です!

「もちろん友達が多い=あなたを幸せにする」というのが絶対法則ではありません。無口で不器用であっても男らしくどっしりと構える男性もたくさんいることでしょう。

ただ彼が社交的な性格であるメリットを考えてみましょう。その新たな恋愛が発展していき、もし結婚したいと思うようになった時に、結婚は当然ながら自分の家族や親戚とも上手くやっていくことが大切です。なので、内向的よりは社交的な性格の方がよりそんな家族からも受け入れられるポイントにはなってくると思います。

最初にも書きましたが、自分の「直感」は大切だと思います。基本的には人は「危機管理能力」が備わっているので、そんな予感は何かしら「心のサイン」だと思って下さい。だからこそ、あえて見ないフリをせず、自分だけで疑問を抱えこむのではなく、より客観的に一度見てもらうことをオススメします!


【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。