Q.友達以上恋人未満の彼に喜ばれるプレゼントは?

彼へのプレゼント、何がいいでしょうか?

彼へのプレゼント、何がいいでしょうか?

ある女性から、こんな相談を受けました。

「友達の紹介で知り合った2つ年上の気になる存在の男性がいます。月1回のペースでデートはしているのですが、半年経った今も、まだ正式に付き合うまで進展がしていません。

正直、彼がどう思っているのか不安なのですが、クリスマスには思いを込めたプレゼントを渡して、正式に付き合いたいと願っています。

ただ、まだ彼氏ではない間柄なので、何をあげたらいいのか迷っています。男性にとって、友達以上恋人未満の女性からは何をもらったら嬉しくて、何をもらったら気持ちが萎えてしまうのでしょうか?」


もらう相手とプレゼントの中身のバランスが大事!

クリスマスにプレゼントをもらうことは男性、女性に限らず実際には何歳になってもワクワクして嬉しいもの。夫婦やカップルはもちろんですが、今回の女性のように気になる相手とより近づくための、いいきっかけにもなるのがクリスマスというハッピーなイベントのよいところだと思います。

……とは言え、プレゼントをもらってもなぜかテンションが上がらずに思わず萎えてしまうこともあるものです。今日は、女性が意中の男性にプレゼントを渡す場合に、うまくいくために男性目線のアドバイスを送りますので参考にしてみて下さい!


男性がもらって嬉しいクリスマス・プレゼントBEST 5

実用的なアイテム

実用的なアイテム。

まずは、あるライフスタイル調査による「男性がもらって嬉しいクリスマス・プレゼント」の結果から、分析していきましょう。

■男性がもらって嬉しいクリスマスプレゼント
1位 財布
2位 ない、いらない
3位 洋服
4位 バッグ
5位 酒類


上位はこんなものがラインアップされました。だいたい順当な回答かなと思われます。ただ、注目すべきは、2位に「ない、いらない」がランクインしていることです。これは女性にはない、男性独自の観点かも知れません。

この結果から、ほとんどの男性がプレゼントの内容にはこだわっていないということを分析できます。

裏を返せば、なにがほしいというよりも、好きな彼女を喜ばせることが男性にとっても幸せなクリスマスの過ごし方なのかもしれません。

ちなみに10位内にランクインされたものをざっと挙げると、「現金、ネクタイ、愛情、ゴルフ用品、デジカメ、靴」などが入っています。 現金や愛情はさておき、どちらかというと男性は、「日常生活で実用的に使える物」を好む傾向があるようですね。


くれる相手とプレゼントの中身のバランスが大事!

バランスが重要

バランスが重要

ではこれらを踏まえて、本題です。男性が思わず萎えてしまうクリスマスプレゼントとは何なのでしょうか?

結論を先に言わせてもらうと、
「プライスレス」なアイテムは避け、
「実用的な消えモノ」が無難です。


高額すぎる、重すぎるアイテムは避ける

先ほどのアンケート結果から、男性の場合、もらったプレゼントの金額で相手を判断することは少ないとお伝えしました。自分がプレゼントをあげるときに相手の笑顔や感謝されることを期待しているので、自分がもらった際も、喜んだり、相手に感謝を返したいと考えます。実は、女性よりもロマンチックな一面を持ち合わせているんです。ただ、だからこそ、彼女に高額すぎるものや気持ちのこもりすぎたものをもらうと、それに対して、こたえられないことは、男性にとってつらいもの。それにより、中途半端な気持ちで会うのはやめよう……という結論になってしまうこともあるのです。

プライスレスなプレゼントは特別な関係になってから

男女ともに同じ心理だと思いますが、愛する彼女にもらうなら何でもうれしいけれど、まだそこまで好きでない女性やすでに気持ちが冷めてしまった彼女から、一方通行の想いが詰まった「プライスレス」なプレゼントをもらったら、どうしても重く感じてしまいます。

「プライスレス」とは、具体的に言えば、手作りホールサイズのクリスマスケーキや手編みのマフラーやセーターなどの衣類のこと。

決して「手作りのケーキ」や「マフラーやセーターなどの衣類」は、材料費としては高額ではないと思いますが、想いがこもっているぶん、高額アイテムと同様の、気まずさを生んでしまう可能性があります。


小さな手作りアイテムを実用的なものに添えて

それでも、やっぱり意中の彼には特別感を出したい、もっと気持ちを込めて渡したい! というのなら手作りのクッキーやちょっとした手作りの革小物のようなものであれば相手にとって負担にはなりません。それらを、ネクタイやシャツ、お酒などの実用的なモノに添えてみるのはどうでしょうか? 男性からは、あなたが家庭的な女性であるというプラスのイメージをインプットするチャンスかもしれません。

いかがでしたか?

まだ正式な彼女になっていないのであれば、クリスマスというイベントをきっかけに好きな人に自分の想いを伝えたいという気持ちはわかります。ただ、ちょっとだけ冷静になり、そんな時も自分と彼との間に「想いの差」があるのか見極めて、結果的に相手に警戒させて二人の距離が出てしまわないように考えたいものです。年に一度のビッグイベントに二人の距離がもっと近づけるように、ぜひとも頑張ってください!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。