【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

初対面で女性が絶対にやってはいけない〇〇

やってはいけない

やってはいけない態度や行動とは?


30代以上の女性が高学歴だったり、役職が高いと婚活市場で不利になると言われます。せっかく一生懸命に勉強して、働いてきたのに、結婚から遠ざかってしまうのは納得いかないものです。

昨今の日本社会は残業などブラック企業が話題になったり、男性も休みなく一生懸命に働いても年収は上がらない現実問題があります。その結果、男性も結婚に対する夢や家族を養う自信が持てなく、結婚を選択しないという悪循環に陥ている傾向があることは否めません。

男性が結婚に対して消極的になっているこの時代だからこそ、女性が出会いの場面で絶対にやってはいけない態度があります。初対面の場や婚活中に女性がやってしまうと、相手男性はもちろん、他の男性からもドン引きされる「絶対にNGな態度や仕草」をもう一度いっしょに確認しましょう!


絶対にやってはいけない3つの態度

女性が初対面の場で男性に絶対にやってはいけない3つの態度です。もしかしたら、知らないうちにそんなクセは出てはいないでしょうか?

1:  つい相手を見下してしまう態度

まず最初は「相手を見下してしまう態度」です。

初めて会った相手をあからさまに見下した言動をする女性なんて少ないのでは?と思うかもしれません。でも、パーティーや飲み会などで、全くタイプでない男性に話しかけられて、邪険に扱うという場面は想像できますよね。

もちろん、好きでもない相手に気を持たせる必要はない、嫌だという意思表示をしているだけ、という考え方もあり、ハッキリNOと言う必要がある場面もあります。ただ、そのときのあなたの態度が、周囲にも見られていると意識しておきましょう。

また、都心で働く30代独身女性の場合、男性よりも年収が高いケースも多くあり、「自分より明らかにスペックが低い⇒結婚相手にはならない」と感じた途端、婚活中であっても、目に見えてテンションを下げて、態度を豹変させてしまうケースも少なくありません。そういった印象から、冒頭のとおり、「年収の高い女性やキャリア女性は扱いにくい」と、嫌煙される結果をまねているともいえます。

もちろん、ニーズが合わなければマッチングしなければいいのですが、相手の劣る部分を見つけて見下すような態度ではなく、人間性や良いところを見るクセをつけていかないと、ますます自ら出会いの幅を狭めていってしまうことになりかねません。

2: 男性に対して、やたらと勝気な態度

続いては、「男性に対して勝ち気な態度」です。飲みの場で男性とトークしていく中で意見の違いが発生してしまい、つまらないことで「意見の言い合い」になってしまうこともあります。結果、相手を見下す態度になったり、イラッとしてつい語気を荒げてしまうこともあるでしょう。

日本の男性、とくに婚活をする男性の多くは保守的です。なので自分がコントロールできそうな女性を奥さんにしたがる傾向はいつの時代も変わりません。

結婚後、結果的に奥さんの尻に敷かれるケースは多々ありますが、それはあくまでも二人の関係ができてからの話です。初対面の場面では、できる限り、相手を立てる、大人の気遣いが大切だと言えそうです。


3: ノリが良すぎて誤解される態度

最後は「ノリが良すぎて誤解される態度」も結婚を前提に考えると、やってはいけません。例えば、初対面にも関わらずガンガン突っ込みを入れてきたり、ついお酒の酔いに任せてシモネタに付き合ったり、その場の楽しいノリで数時間後に泥酔状態だったりすれば、その場は盛り上がっても本命候補からは外れてしまうことがあります。

当たり前ですが、婚活で結婚相手を探す男性は、結婚相手にふさわしい相手を探しています。多くの男性は、自身の奥さんには品を求めます。

「そのサービス精神が好き」「性格良いな」と思ってもらえる可能性もありますが、はっちゃけたノリのいい一面は相手と打ち解けてからみせるのが無難です。初対面の相手にいきなりあけすけに見せてしまうと、ただ「はしたない」と思われてしまう可能性が高いでしょう。


NGな帯同に共通するキーワードとは?

実はこれらに共通するのは、男性に「この人をリードすることができない」と思わせる態度であり、男性が思っている「女性らしさ」の欠如です。つまり男性が自分の奥さんに求める理想のイメージから外れていることです。

男女が出会う初対面の場というのは、お互い性格のことなんて全くわかりません。だからこそそういう印象を感じただけで、「結婚はないな」というNGを出されたら、もうチャンスがなくなってしまうことが大半です。

もう一度言いますが、男性はとても保守的な生き物です。

パーティーや飲み会で、男性は、ほかの男性に対する女性の振る舞いを意外としっかりと見ているものです。当然ですが、話してみたいなという好印象を抱く相手ほどよく見ています。あなただって、気に入った人がいれば、その相手の同行をチラチラと見ながら、しゃべるきっかけのチャンスを窺うのではないでしょうか?

だからこそ、気のない男性としゃべっている時こそ、自分の株を上げるチャンス! それと同時に、失望させるリスクがあるということを知っておきましょう。

もしや自分のタイプでない男性に離れて欲しくて冷たくした態度が、他人から見れば気が強い性格の悪い女性に見えてしまうことだってあるかも知れないのです。

もちろん本音の部分とズレはあったとしても、少なくとも初対面の場は多くの男性が奥さんに求める女性像を振舞うことをより意識することも戦略イメージとしては大切と言えそうです。


▼ガイドからの最新のお知らせ
次回は3月、久野浩司「1年以内に幸せな結婚へ導くマリッジコーチングセミナー」
G.W.開催!セルフリトリートする旅セミナー「恋するバンクーバー」コチラから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。