きちんと自分の中で決着をつけることも時には大事です!

自分の気持ちを改めて再確認させるためにも元彼と会うことも時には大事です!
2つ目のステップは未練を残さずに次の恋愛に進むために、きちんと自らで身辺整理の決着をつけることも時には大事ということです。

今回のケースでも二人は別れて約半年になるので、いい意味でもう一度相手と実際に向き合うタイミングでもあったりします。例えば、もし彼が他に好きな人ができて去っていった場合の失恋であれば、その新しい彼女との進展にも1つの目安が出ている頃でしょう。つまり「つけいる隙のない位に二人の関係は上手くいってるのか?」、または「すでにケンカが多くて彼はあなたと別れたことに後悔しているのか?」などを確認できるのです。

参考までに男の立場からお伝えすると、自らが振った場合に新しい女の子と上手くいかなかった場合には、あなたに対しても自分から軽く食事に誘ったり、メールを送ったりと何かしらのアプローチは入れる率は高いかも知れません。

もし共通の友人がいて、そこから彼の情報が入ってくるのなら現状を整理してみるのもいいでしょう。そんな情報が入らずに気になって落ち着かないのであれば、思い切って女の子側で、あくまでもお茶やランチする程度の友達として彼を誘ってみることもありだと思います。つまり実際に会うことで「やっぱり別れても良かったかも・・・」と今の自分の本心を知る場合もあります。

逆の場合は、別れたことへのさらなる未練や失恋の痛手が深くなっていくリスクもあるので注意が必要ですが、それも前向きに考えれば、そんな自分の本心と向きあうことも一つの恋愛の醍醐味かも知れません。現実から目を反らさずに元彼の話しを直接聞いて向き合うことで、自分の中でいずれにしても1つのケジメをつけることができると思います。

>失恋の心を一瞬で切り替えるためのイメージング方法とは?!