日本在住のカップルはもちろん、海外から2人で帰国した時、あるいはパートナーのご家族やお友達が日本に来た時に、日本の伝統的なお祭りやイベントに誘ってみてはいかがでしょう?
夏は特にそんなチャンスがいっぱい。お友達の輪も広がるかもしれません。
今回は国際カップルも多かったこのイベントをご紹介します。

佐渡の夏はアース・セレブレーション


アース・セレブレーション
アース・セレブレーションの目玉は3夜連続で行なわれる城山コンサート。ステージの中央には大太鼓。右側に立っている人と大きさを比べてみて!

外国人パートナーと行きたい日本の夏祭りシリーズ、第3弾は佐渡です。
といっても、私たちが行ってきたのは、昔からある佐渡の伝統的なお祭りではありません。佐渡に拠点を置く「鼓童(こどう)」という和太鼓のグループが中心となって開催される「アース・セレブレーション」というイベントなのです。

ここで鼓童のことを簡単にご紹介しましょう。
鼓童は、1981年に結成された和太鼓集団で、太鼓を中心に日本の伝統的な音楽芸能を取り入れ、さらに現代的にクリエイティブに表現していくことも試み、国際的な活動を行なっています。1年の1/3を海外、1/3を国内、1/3を佐渡で過ごし、国境やジャンルを超えたステージ活動で世界中にファン層が広がっています。

アース・セレブレーション
ハーバーマーケットには、衣類、雑貨、工芸品、飲食店などのお店が並びます
鼓童がホスト役をつとめる「アース・セレブレーション」は、佐渡島の南西部にある小木(おぎ)という町を中心に3日間行なわれるイベントで、今年で既に20周年を迎えています。
昼間は、太鼓づくりや太鼓演奏体験ができるワークショップ、様々なパフォーマンスが行なわれるフリンジ、雑貨や食べ物のテントが立ち並ぶハーバーマーケットなどの催し物があり、夕方から夜にかけては城山公園で盛大な野外コンサートが行なわれます。

すごいゲストに観客は大感激!


この城山コンサートはゲストが多彩で、世界中から音楽家や舞踏家などが集まり、鼓童とのコラボレーションが繰り広げられます。
たとえば今年は、日本を代表するジャズ・ピアニスト 山下洋輔氏が登場! 彼はアース・セレブレーション第1回のゲストでもあり、10周年にも出演されたそう。山下氏のピアノをナマで聴けるだけでも大感激なのに、鼓童の和太鼓とのコラボ「ボレロ」など、通常ではなかなか聴くことができない演目があるのも魅力です。

そのほか、インドとプエルトリコの打楽器奏者、タップダンサー、ファド・ヴォーカリストなどが今年のゲスト。それぞれの鼓童とのコラボがひじょうに楽しく、観客は最初から最後まで盛り上がりっぱなしのコンサートでした。

外国人参加者の多さにびっくり。言葉の壁はもはや存在しない…… →