夏は各地で伝統的な日本のお祭りがたくさん行なわれています。外国人パートナーやお友達を誘って、そんな祭りやイベントに行ってみてはいかがでしょう? 参加する側になるのも楽しいものですよ。

徳島の夏は阿波おどり

祇園祭
かなり目立っていた徳島市国際交流協会の連のみなさん

2007年夏、京都の祇園祭に引き続き、徳島の阿波おどりにも行ってきました。

夏のお祭りとしては、全国的に有名な阿波おどり。「えらいヤッチャ、えらいヤッチャ、ヨイヨイヨイヨイ」「踊るアホウに見るアホウ、同じアホなら踊らにゃ損々」というフレーズ、誰でも一度は聞いたことがありますよね。
私も同様で、テレビでも何度か見ていましたが、実際のお祭りに行くのは初めて。毎年8月の12~15日の4日間、行なわれています。

さて、本物を見た感想は……
ものすごーく感動しましたっ!! やっぱり迫力というか、溢れてくるパワーが違う! 特に「有名連」の踊りは、絶対に見るべきです。というか、阿波おどりを見に行ったら、有名連を見なきゃダメ! 踊りのプロ集団のステージを観ているような完璧さがあります。

外国人連も大活躍

ノリノリのおじさまはカメラ目線でアピールしてくれました
「連(れん)」という言葉が出てきましたが、これは踊りの1つのグループのこと。「○○連」というように、上にそれぞれの名前を付けて呼びます。

徳島には1000もの連があると言われていますが、そのトップに立つのが「有名連」と呼ばれる30数個ある連です。聞くところによると、毎日2~3時間練習している連もあるとか……。ウッソ~と思ったけど、踊りを見て納得でした。本当に“揃い方”がスゴイんですよ、何十人と踊り手がいるのに……。
この「有名連」には、固定ファンや追っかけもいるらしいですよ。

有名連以外には、企業がつくる「企業連」、大学生による「大学連」、商店街やサークルの連、気の合う仲間でつくった連など、いろいろあります。

……そして、あるかなぁ~と思ったら、やっぱりありました。外国の人たちが中心になってつくっている連が!
名前は「国際交流協会連」。徳島市国際交流協会が結成した連で、かなりの参加者がいました。お揃いのハッピを着て、ちゃんと祭り用の地下足袋を履いている人もチラホラ。初めての参加ではなさそうですねえ~。みなさん、日本のお祭りに参加していることを、心から楽しんでいらっしゃるようでした。

祇園祭
お国柄が出るのか、スタイルは思い思いなんだけど、みんな楽しそう!


今年は映画でもドラマでも阿波おどりが注目の的! →