ダーリンは外国人(メディアファクトリー)

ダーリンは外国人
『ダーリンは外国人』 小栗左多里 ¥924(税込) メディアファクトリー
国際結婚の現実をオモシロおかしく描いたコミックです。

著者のご主人は、ハンガリーとイタリアの血を受け継ぎ、アメリカで教育を受けた日本語ペラペラの大学講師&ジャーナリストの男性。語学堪能の彼の日本語に関するスルドイ質問には、著者ならずとも思わず「どうしてだっけ?」と考えてしまいそう。

そんな彼との出会いから、家族に紹介したときの反応、一緒に暮らし始めた頃のこと、日々の生活のなかでのさまざまな出来事が、エッセイ風に描かれていきます。

アナタにも思い当たることがきっとあるはず……

日本をよーく知っているご主人ですが、やっぱり一緒に暮らすと違いが出てくるあんなことこんなこと……。その1つ1つのエピソードには、深く共感できるものもあれば、えっそうなのぉ?と思わず笑ってしまうものも……。

国際結婚している人なら、きっと同じような体験が1つや2つあるのではないでしょうか?

私も、うちのダンナと似てる!と思うところや、そうそうこういうときはそうなんだよね~と思える部分が、けっこうありました。

“パートナーが外国人って、みんなが思っているほどロマンチックなもんじゃないよ~”という、国際結婚の当事者にしか分からない現実を、コミックで分かりやすく描いている本書。
笑いながら、あっという間に読めてしまいますよ。

これから国際結婚しようという人は必読かも……。

********関連サイト*********

■我が家のキッチンバトル「生活様式、こんなに違う?」

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。