挙式翌日からの過ごし方は彼と事前に話し合って

list.jpg
一生忘れられないような思い出作りを
子どもの頃、遠足へ行くと必ず帰り際に「おうちに着くまでが遠足です」と言われましたよね。海外ウエディングもこれに似た感覚で、挙式翌日以降もウエディングの旅が続くので、気を抜かないで過ごしてください。「挙式の緊張感を保ったままに」ということではなく、「挙式の日と同じようなハッピーな気持ちを大切に」ということ。

というのも、挙式翌日以降「彼はマリンスポーツがしたい」「彼女はおみやげを買うためにショッピングがしたいから付き合って欲しい」といった、現地での過ごし方に対する意見の相違で喧嘩しちゃうカップルに多く出会うからです。ハワイのアラモアナ・センターで大泣きする花嫁を目にすることも時々……。これではせっかくの素敵なウエディングの思い出に泥を塗るような結果にもなりかねません。

限られた滞在日数のなかで、どんな風に過ごしたいか、ふたりで話し合い、出発前にタイムスケジュールをざっくり組んでおくのもいいでしょう。帰国し新居に着いた時に「あー、幸せな海外ウエディングだった!」と実感できれば、大成功。是非、幸せな花嫁になってくださいね!


■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。