やり直しがきかないイベントだからこそ、自分が思い描いたとおりに実現させたい結婚式。そう願いつつも、ちょっぴり後悔しちゃうようなハプニングに見舞われることだってあります。そんな先輩花嫁のドレス&ビューティに関する失敗談を参考に、その対処法をご紹介。これを読んで後悔しない結婚式を目指しましょう!

ヘアメイクが思い通りにいかなかった!

花嫁ヘアスタイル
イメージが伝えにくければ、美容院でのオーダーでも言われるように、雑誌の切抜きを持参しましょう。【写真協力:Color Clips
花嫁にとって重要なヘアメイクだからこそ、絶対に失敗したくない思いが強いポイントです。これは必ずヘアメイクリハーサルを行うこと、当たり前のようですがこれに尽きます。あらかじめヘアメイク料金にリハーサルが含まれている場合もありますが、ほとんどはオプションとしての追加。ここはケチらず追加しておきましょう。

ヘアメイクリハーサルをおこなって納得できなかったり、あとで写真をチェックしてから不安な点がでてきたときは、遠慮せずに相談することです。ここでアクションを起こさなければリハーサルの意味がありません。花嫁姿の写真は、ずっと残るものなので遠慮は無用! どうしてもヘアメイクさんに言い難ければ、担当プランナーに伝えましょう。

ヘアメイクにはかなりこだわりがある花嫁や、好みを上手く説明できない花嫁は、希望するヘアメイクが分かる雑誌の切抜きなどをもっていきましょう。なりたいヘアメイクと、あなたの顔立ちや選んだドレスによって、ヘアメイクさんがアドバイスしながらリハーサルをしてくれますよ!