神前式では綿帽子or角隠しを!

振袖ト
披露宴ではカジュアルなコーディネートもOKです。
神前式での挙式は、綿帽子or角隠しを必ずつけることが慣わしとなっています。

この綿帽子や角隠しには様々な意味や思いが込められています。
綿帽子は浄化と神聖化するという意味があり、魔よけのために被ったとも言われています。角隠しもさまざまな由来や意味がありますが、よく知られているところでは、嫉妬心から女性が鬼になることを戒めるためだとか。(昔は嫉妬に狂った女性は鬼になると言われていたそうです。)

また昔の日本の風習で、結婚相手以外の男性に顔を見せないという慣わしからきているともいわれています。だから伝統的な神前式では綿帽子or角隠しを付ける習慣があり、披露宴では外すことになっているのでしょう。綿帽子は白無垢のときだけ許されていましたが、最近は色打掛でもつかえる同色の綿帽子もあります。黒引きを着て、ヘアスタイルは洋髪にするコーディネートも流行っていますが、神前式を行うなら角隠しを合わせましょう。


今、流行の神前式といえども、慣わしを知っているのと知らないのでは大違いです。沢尻エリカさんだって、綿帽子代わりのようなユリのヘッドドレスをつけたぐらいですから! 日本のトラディッショナルな部分にも敬意を示しつつ、自分らしい和装花嫁になってくださいね。



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。