【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
姫といえば、マリーアントワネット。
皆が憧れるキュート系の代表格。ボリュームたっぷりのお姫さまドレスと言えば「ベル&ドームライン」。フワフワなまさに姫ドレスは、幾つになっても女子の憧れです。そんな憧れドレスの選び方を、身長別にアドバイス! 自分の体型に似合うドレスラ
インを決めるのではなく、着たいドレスラインの中で自分の体型に似合うものを選び取るポイントをお伝えします。

ベル&ドームラインとは?

ベルライン
どことなくクラシカルさを感じさせるベル&ドームライン。  スタイリング:佐藤章子    ヘアメイク:流石洋子     【写真協力:エクラ
ヨーロッパの貴族や王族たちのフォーマルウェアが元になっている、伝統的な姫ドレスです。アメリカではボールガウンと呼ばれ、小さい頃にお姫さまのお絵かきをすると、必ずドレスはこのラインが描かれるなど、潜在意識の中でも姫要素の強いデザインでしょう。ウェストをキュッと絞って、スカートはふんわり膨らませたラインはスタイルを良く見せ、女性らしさもアップします。またそのフォルムが釣鐘のようなのでベルラインとも言われます。

着こなし方によって甘いロマンティックな雰囲気にも、ゴージャスなイメージにもなり、豪華なホテルや、広いパーティ会場にも負けないバツグンの存在感はまさに姫! いつの時代も普遍的に人気のあるラインです。

背が高い花嫁VS低い花嫁

どんなドレスラインでも比較的上手く着こなせちゃう長身の花嫁。気をつけたいことは無駄に大きく見せないように注意することです。小柄な花嫁は、可愛らしく初々しい花嫁らしさが演出しやすく、気になる身長のカバーはヒールなどである程度可能です。ただカワイイ雰囲気が、子供っぽくなりすぎないように注意しましょう。

長身の花嫁

バスクウェスト
ウェストにポイントをおいたバスクウェストはスタイルUP効果バツグン!
長身の花嫁はなぜかスレンダーやマーメイドラインを勧められがち。でもカワイイ雰囲気のベルラインだってちゃんと似合います。

ポイントはまずスカートのボリューム。あまりにボリュームがあると、縦のラインも横のラインも大きくなり、せっかくの長身が生かされず、ただの「デカイ女」というイメージになってしまいます。ボリュームは少々、抑え気味に! 全体的な雰囲気もシンプルにまとめましょう。

またウェストの位置にも注意が必要です。高い位置だと、より長身に見えてしまうので、自分のウェストラインに合っているかチェックしましょう。

背が高いだけでなく、がっちり&ぽっちゃり体型なら、ウェストラインはバスクウェストがオススメ。Vラインのような切り替えで、ウェストをより細く演出しますよ。

身長が低い花嫁

ベアトップ
上半身はシンプルに、スッキリと。高さのあるティアラで縦のラインを強調するのも効果大。 スタイリング:佐藤章子 ヘアメイク:流石洋子【写真協力:エクラ
身長が低い花嫁ならキュート系のベルラインは着こなしやすいハズ。ただバランスを注意しないと「ドレスに着られている」状態になりがちなので、全体のバランスに気を配りましょう。

バランスを崩す大きな原因は、スカートのボリューム。あまり大きく膨らませると、重心が下になり、余計に身長が低く見えてしまいます。またハリのある素材や、重厚感のある素材もなるべく避けましょう。重たい印象になり「ドレスに着られている」感がより強くなります。チュールやオーガンジーなど軽やかな素材がピッタリです。

お花のコサージュなど、トップスにポイントがあると視線が上に集まり、縦のラインが強調されます。また小柄な花嫁は、ベルラインを着ると子供っぽくなりすぎてしまうことがあるので、ネックラインが大きく開いたものを選んで大人の女性らしさをプラスしましょう。例えばビスチェタイプやオフショルダーなど、鎖骨のラインがキレイにでるものを選んでくださいね!

【写真協力】
エクラ