ウェディングドレスが決まらない、迷う…そんな花嫁は必見

挙式の3カ月~2カ月前ごろになると、どんなにウェディングドレスを迷っていても、そろそろ1着に決定する必要があります。いろんなドレスを試着し、最終的に2着までは絞り込めても、ここからどちらのドレスにするか決められず悩む花嫁は少なくありません。

ドレスがなかなか決められない花嫁に、ウェディングドレスを1着に決定するための7つの“落としどころ”をお伝えしましょう。 運命の1着を後悔なく決めるヒントにしてくださいね。

1. ドレス選びに迷ったら、人の意見も聞いてみる

ホワイトドアundefinedウェディングドレス

花嫁がチェックしにくい後ろ姿はぜひ花婿や一緒に試着に来てもらう人にチェックしてもらいましょう! 写真提供:WHITE DOOR

絶対にドレス姿を挙式前には見せたくない! という花嫁以外は、まず人の意見を聞いてみましょう

ウェディングドレス選びは普段のお洋服の買い物と違って、どうしてもテンションが上がりがち。「どう見られるか」という客観的な目がついついおざなりに。

だからまずは彼や親、姉 妹、親しい友人に聞いてみること。特に同性でもある女性陣の意見は的確です。

女性の多い会社でお勤めされていた花嫁様の中には、同僚たちに多数決をとったツワモノも。およそ半年かけてドレス試着をしていくと、花嫁自身はどうしても自分が選んだドレスたちに愛着が湧くもの。その点、いわゆる他人は、それぞれのウェディングドレスに対する思い入れも無く、ただただあなたに似合っているかどうかを客観的に見てくれます。

挙式前にドレス姿を見ると友達も楽しみが減るのでは……と心配するかもしれませんが、当日はヘアメイクやアクセサリーなども完璧な状態なので、試着時のドレス姿とは比べものになりません。

さらに挙式当日は幸せオーラがあふれ出て、より美しい花嫁姿をゲストにお見せできるので、あまりナーバスになる必要はないでしょう。

2. 結婚式場に合わせてドレスを決める

ガーデンウェディングundefinedガーデンパーティ

ガーデンウェディングや自然光がたくさん入る会場などは、照明もドレスを絞り込む際の重要ポイントです

ウェディングドレス決定において、結婚式場のイメージに合わせてドレスを選ぶことは大切なポイント。会場の壁やフロアの色、窓がある会場なのか、広さなども考慮してドレスを決めましょう。

ゴージャスなホテル、自然光あふれるゲストハウス、モダンなレストラン……会場のタイプはさまざまです。会場の照明や窓の数、ゲスト数や会場の広さなどの要素からドレス決定の判断を下すこともできます。

例えばカラードレスの場合、自然光あふれる会場ならブルー系が、ホテルなど照明が強いところではレッド系の方が、肌をくすませることなく、映えるといわれています。

結婚式場とドレスのイメージが合うかどうかは、ドレスを担当するコーディネーターはもちろん、結婚式の担当プランナーに相談してもいいでしょう。

結婚式を行う会場はもう変えられない要素ですから、その会場の雰囲気を考慮してウェディングドレスを決めることはとても大切です。

3. 迷ったら、最初のウェディングドレスに立ち戻る

ホワイトドアundefinedウェディングドレスundefinedカットレース

ドレスの一目惚れはよくあること。たくさん試着しても、最初のドレスに戻る花嫁はとても多くいらっしゃいます。カットレースの美しいこんなドレスなら一目惚れも致し方ありません 写真提供:WHITE DOOR

最初の試着で一番気に入ったウェディングドレスに決めるのも一つの手。初めての試着時は、ドレスを見て純粋に自分の好みだけで決めるので、いわば原点。試着をたくさんしても、結局は最初に気に入ったドレスを、最終の一着に選ぶ花嫁は多いもの。

試着を何度も重ねて、ドレスを見慣れてくると、やたらと細かいところが気になるようになったり、ドレスに詳しくなり過ぎて迷いのループにハマる確率も高くなります。

だからドレス選びに迷ったら、最初の試着で気に入ったドレスに立ち戻ってみてください。特に思い入れも強くなりがちなウェディングドレス決定には効果大! 自分の好みの原点に戻って決める、シンプルですが納得しやすい決定方法です。

残り4つの決め手は次ページで>>