1823年に出版されたサンタクロースと8頭のトナカイのお話もすっかり定着し、クリスマスムードに包まれていた1939年12月のある日、シカゴに住むロバート・メイが娘に即興で創作して語ったのが、「真っ赤なお鼻のルドルフ」のお話。その話が誕生した背景には、こんなことがあったそうです。


「真っ赤なお鼻のルドルフ」のお話はこうして生まれました

「真っ赤なお鼻のルドルフ」原作本。「RUDOLPH THE RED-NOSED REINDEER」by ROBERT MAY。新しいバージョンが子供達に親しまれています。
ロバートは、妻エヴリンと娘のバーバラの3人家族。その娘が2歳になったころ、最愛の妻が病に倒れてしまいます。コピーライターとして働くロバートの収入は治療費と薬代に消え、生活は苦しくなるばかり……。やがて、4歳になった娘がロバートに尋ねます。
「どうして私のママは、みんなと違うの?」

“みんなと違う”ということ。

それは、ロバート本人が身にしみて感じていること。自分自身、小さい頃から体が小さくていじめられ、貧しくて進学することもでず、良い仕事にもつけなかった。おまけに安月給で、治療費のために借金だらけ……そんなロバートは、娘の質問にどう答えたらいいのかわかりませんでした。

そこで、娘を喜ばせたいという一心で、「真っ赤なお鼻のルドルフ」の話を即興で語り始めたのです。自分自身のコンプレックスを赤鼻のルドルフに託し、神様に創られた生き物はいつかきっと幸せになることを、幼い娘、病と闘う妻、そして自分自身に言い聞かせたかったからだといいます。


そのお話が世界に広がったいきさつ

その後、娘にせがまれて毎晩この話をするようになったロバートは、クリスマスプレゼントとしてお手製の本にまとめ始めます。プレゼントを買う余裕の無いロバートにとって、それは娘や妻への心のこもった贈り物でしたが、完成を目前にして妻がこの世を去ってしまいます。打ちのめされたロバート。しかし、娘のために本を完成させ、愛する娘を喜ばせました。

数日後、会社のパーティーでロバートが「真っ赤なお鼻のルドルフ」を朗読すると、会場から割れんばかりの拍手が起こりました。そうして1939年、彼の会社(大手デパート)から240万冊もの本が(宣伝用として)無料で配られ、この物語が世界中に広がっていったのです。やがて、1949年にロバートの義兄弟によってお馴染みの歌が作られ、クリスマスの定番として愛され続けているのです。

作者の家族への思いが生んだ「真っ赤なお鼻のルドルフ」。勇気を与えてくれる素敵なお話です。

なっ、なんと、そんなルドルフの活躍ぶりを毎年チェックできる有名サイトがあります   >>>