学生時代に建築と美術を学んだビルのセンスがインテリアに発揮されています。美しいブルーグレイのクッションが窓辺の海の色と響きあって。

横浜赤レンガ倉庫だけの「ベリーベリーパンケーキ」

世界中でここだけでしか食べられないのが新作「ベリーベリーパンケーキ」。リコッタパンケーキは天使の頬のようなふわふわ、もちもちの食感が魅力ですが、こちらは生地に全粒粉と無脂肪牛乳を加え、ふわふわ感と同時に、全粒粉ならではのさっぱりした食感と風味が楽しめます。

そして、トッピングにはとろける特製ベリーバター! ミックスベリーを煮てシロップを作り、バターに練りこんだもの。自宅でお子さんのためにこのパンケーキを作っていたというビルは、こんなコメントを寄せています。

「僕の娘たちはパンケーキとピンク色が大好きです。まだ、このベリーベリーパンケーキをお店に出したことはないけど、僕の娘たちには大人気だから、お店のお客さまにもきっと喜んでもらえるじゃないかって思う。朝食としても、ランチやディナーの後のデザートにもぴったり。僕の娘たちはいつでも食べたいって言ってるけどね!」

イチゴやラズベリーの赤が視覚も楽しませてくれるベリーベリーパンケーキ(1400円)。ベルシーな全粒粉ならではの風味。

横浜の朝の風景に、おいしい刺激を

bills横浜赤レンガ倉庫は朝9時からオープン。朝食を楽しめるよう、赤レンガ倉庫内で最も早い開店時間となります。朝の光が射し込む窓からはきらめく海が見え、テーブルの上にはベリーベリーパンケーキ…想像するだけで心が弾みます。

▼オーストラリアのカフェ文化と、愛用のカフェ