白い皿にこんもりと盛られたハッシュブラウンズ
アツアツでカリカリのハッシュブラウンズは香ばしい匂いがたまりません

「ジャガイモが思い切り食べたくなった」「茹でたジャガイモが余ったのだけれど……」「ワインのおつまみが欲しいのに、冷蔵庫にはジャガイモしかない!」という場合に重宝するのがハッシュブラウンズ。ジャガイモを小さく切ってブラウン(茶色)に色付くように油で加熱した料理です。北米ではもっぱら朝食に卵などと一緒に食べますが、じつはワインとの相性が抜群です。

さっぱりと仕上げるにはこの方法で

ファーストフードでお目にかかるハッシュブラウンは、細かく切ったジャガイモをコロッケ状に固めて油で揚げたものが主流。固まりの中に油が吸い込まれて、ジャガイモの風味が隠されてしまいがち。そこで自家製の、固めないタイプのハッシュブラウンをご紹介します。ジャガイモとは完璧な相性のバターを少量加えてじっくりと焦げ目を付けると、ふつうのじゃがバターでは味わえない香ばしさ。ハフハフ言いながら頬張れば、やめられない美味しさ。また茹でジャガイモが余った時に、冷蔵庫に入れておいたジャガイモでこれを作れば無駄なく活用できます。


■所要時間:45分
■相性のいい飲み物:爽やかな味のスパークリング・白またはロゼワイン

次のページで、ハッシュブラウンズの作り方をご紹介します。