イギリスで出合った美味しい紅茶。気になってロンドンの紅茶売り場をいろいろ探してみたけれど見つからなかった紅茶。気にすればするほど、記憶に焼きついていきます。その紅茶に偶然日本で再会しました。

日本未上陸のNewby Tea


1997年創業のイギリス紅茶ブランド。
インドとスリランカの茶葉を使用して限られた商品からスタートし、今や5つ星ホテルなどでも使用されるほどに成長。
「Newby (ニュービー)」。初めて聞くという人も多いことでしょう。創業したセシア家は3世代にわたり製茶産業に携わり、Newby社を設立したのは1997年。紅茶会社としての歴史はまだスタートしたばかりです。
「イギリスでは紅茶の値段が安いものへと流れていく傾向があります。もちろんハイクオリティの紅茶も売られていますが、こちらは量がわずかな上に高価格です。ハイクオリティの紅茶を多くの人が購入できる適正価格で提供するということがNewby Teaの基本姿勢です。」と説明してくれたのは、商品開発部長を務めるハンフリーズさん。


商品の一例。色鮮やかな缶はとても目立ちます。
最初は12商品からスタートし、現在では100種以上もの商品、さらに新しい商品が開発されているようです。茶葉はインド、スリランカ、中国、アフリカから茶の栽培に最も適した条件で摘み取られたものを使用し、茶葉を買い付ける前から行うサンプルテストから出荷前のテストにいたるまで品質管理を徹底的に行っています。何より高品質な紅茶をリーズナブルな価格で消費者に届けることを大きな目的として掲げているそうです。


開封時の香りに勢いが。

ティーバッグのひとつひとつにも
アルミニウム箔の密封包装


こだわって作られたNewby Teaはこんなところにも力を注いでいます。梱包です。これは品質を維持するためには見逃せない部分です。まずルースティーは耐熱のアルミニウム箔が施された小袋に入れられ、茶缶に収められています。さらに、ティーバッグのひとつずつにもアルミニウム箔が内側に施された袋に密封状態で入れられているのです。この工程があるかないかでは私たちが開封したときに吸い込む紅茶の香りに大きく影響することでしょう。


ティーバッグにも丁寧な包装。
手軽さが重視されがちなティーバッグですが、ここまで丁寧に包装されていると、毎回、ティーバッグを開封してからの香りと紅茶を入れたときの味わいもずいぶん違ってきます。

Newby Teaはイギリスでも超有名ホテル、レストラン、カフェでも使用されているそうですよ。Newby社のサイトにはそのヒントが浮かび上がってくるかもしれないので気になる方はそちらもご覧ください。さて、注目のNewbyですが残念ながらまだ日本には上陸を果たせておりません。しかし、この紅茶をいただく日はすぐ近くまで来ているような気がします。

Newby Teaの第2回目には注目の商品について掲載します。

■撮影協力:Newby Teas Ltd. 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。