写真をクリックすると次の写真に進みます
ベルグの4月
(c)Lyu Hanabusa
ブティック

ベルグ
(c)Lyu Hanabusa
タルトパッションフランボワーズ(Tarte Passion Framboise)740円
パリの老舗店であるLADURÉE (ラデュレ)のサロン・ド・テが、ついに日本初上陸。 2008年7月26日に、東京・銀座三越にオープンしました。

(その後、2008年の秋、日本橋三越本店地下1階にテイクアウト専門の「ブティック」に続き、日本で2店舗目となるラデュレのサロン・ド・テが2009年7月17日に歴史と伝統を誇る日本橋三越本館3階にオープン! ラデュレ 日本橋店についてはコチラでご紹介しています。)

1862年にパリ8区のロワイヤル通りに創業して以来、カフェとパティスリーを融合させた パリのサロン・ド・テの歴史を創り上げたラデュレは、l’art de vivre à la française (フランス流美しき生活)を象徴する格調高いメゾンとして世界中の人々を魅了し続けています。

約150年の月日を経てロンドン、モナコ、ジュネーブ、ロザンヌに続き、ラデュレは東京・銀座に日本第一号店をオープン。ラデュレならではの優雅で洗練された装飾を取り入れた、18世紀のプライベートサロンを髣髴させる落ち着いた雰囲気のサロン・ド・テの誕生です。

マカロンをはじめ、年に2回発表される新作デザートのコレクションも、今後この銀座店でも発売される予定です。例えば、ローズのルリジューズ、ピスタチオとフレーズのサントノレ、そしてチョコレート、バニラ、カフェ、フランボワーズ、ピスタチオなどの定番や季節の味のマカロンなど、日本でも楽しむことができます。

銀座店のエントランスは銀座三越内2F。(三越閉店後は正面玄関脇にあるラデュレ専用外階段)

エントランスから入って、最初に目にするブティックは白い大理石とクリスタルのシャンデリアで美しく装飾されています。(写真上)

まず老舗の「ラデュレの」歴史を紐解いていきましょう。