サロン・ド・テのインテリア

写真をクリックすると次の写真に進みます
アントルメ・グラッセ ストロベリーショートケーキ
(c)Lyu Hanabusa
サロン・マリー・アントワネット

ラデュレ銀座店のサロン・ド・テは、ルイ16世時代から着想を得たインテリアとなり、パリ、サンジェルマン・デ・プレのボナパルト通り店やマドレーヌのロワイヤル通り店と同じエスプリで作られています。

サロン・マリー・アントワネット(Salon Marie Antoinette)は、ブルーグレーを基調に、プラチナカラーが効果的に加えられ、壁にはジャンセンの木彫り装飾が施され、ルイ16世様式のテーブルとショフーズと呼ばれる座部の低い椅子が美しく並んでいます。

サロン・アントゥルラ
(c)Lyu Hanabusa
サロン・アントゥルラ
フランス語で“組み合わせ模様”を意味する「サロン・アントゥルラ」(Salon Entrelacs)は、エメラルドグリーン、ブルー、パープルの色づかいの中に、4つのスワロフスキーのミニ・シャンデリアが飾られ、ルイ16世様式の小さなテーブルに小型の長椅子やショフーズが配置されています。そして組み合わせ模様をモチーフにした床のじゅうたんは、このサロン・ド・テのために特別に作られています。

続くパール模様をちりばめた「サロン・オ・ペール」(Salon aux Perles)は、オールドピンクとライラックの色調でまとめられています。同じルイ16世様式の家具が並び、こちらにも特別注文された絨毯がしかれています。

また窓辺には小さな円卓とベルベッドの椅子が置かれ、銀座4丁目交差点の景色を一望できるプライベートな空間を楽しめます。