会津のラーメンと言えば「喜多方ラーメン」がダントツに有名である。そして私が以前記事にしたこともある「会津ラーメン」も“会津の玄関口”である会津若松市に存在する。

どちらも醤油ラーメンが中心だが、今回紹介する「会津のラーメン」第3弾は“味噌ラーメン”をウリにしている地域である。それが「西会津のラーメン」だ。「会津野沢宿味噌ラーメン会」というのを作って町興し的に活動しているので、新聞やネットで記事を目にした人もいることであろう。

さて、西会津町とは、どんな町だろうか?福島県の新潟寄りにある町で、電車で行くと磐越西線で喜多方から新潟方面に約30分ほどの野沢駅が最寄りになる。車で行く場合は磐越自動車道で会津若松駅から30分ほど、郡山駅からだと約1時間半ほどの距離にある。着物デザイナーでテレビにもよく出てくる、きよ彦さんがこの西会津町の出身である。

人口約8000人の小さな町だが、ここに十数軒のラーメンを食べることができる店がある。ドライブインだったり、食堂だったり、割烹だったり焼肉屋だったりするが、ラーメンの歴史としては30年以上にもなるれっきとしたラーメン処なのである。今回はその中から三軒を紹介してみたい。

まずは西会津を代表する人気店「えちご家」から

えちご家
▲「えちご家」の外観
ラーメン店というよりは和食の店、というか食事処のような外観。まっ、実際、食堂に近い。地方のラーメン店にはよくあるパターンだ。店主は「会津野沢宿味噌ラーメン会」の会長でもある。メニューにはみそラーメンだけで6種類ある。まず西会津に来たら、個人的にはこの店の味噌ラーメンを推したい。


西会津の味噌ラーメンの大きな特徴は野菜をスープで煮込むこと。なのでスープに砂糖でも入れているかのような甘さを感じるが野菜の甘さのようだ。この甘さが後を引く。しかし、店によって作り方は様々なので味にも大きな違いが出ているところが面白い。


えちご家
▲「えちご家」のみそチャーシューメン850円
この店の味噌ラーメンもご多分に漏れず甘いスープだ。味噌ラーメンというと炒めた野菜をのせることが多いが、こちらでは煮た野菜。そしてウリはチャーシュー。味噌ラーメンには挽肉は入るがチャーシューが入らないので味噌チャーシューメン850円を頼む人が多い。その肉は地元の豚肉か、国産しか使わないこだわりだ。野菜も地元産で地産地消を心がけている。味噌はブレンドで辛味メニューとも良く合う。

<店データ>
●えちご家
住所:福島県耶麻郡西会津町野沢上原乙2431-1   TEL:0241-45-3248
営業時間:11:00-15:00、17:00-20:00  休日:木曜
地図:Yahoo!地図情報
※磐越西線野沢駅からも近い。