レストランのような内装

藤巻激城
▲カウンターのセッティング
洞くつのような階段を昇っていくと、右側に大きな水槽があり魚が泳いでる。扉を開けて入ると、とてもラーメン店とは思えないゴージャスな内装。
席に着くとレストランのように箸とスプーンが用意されている。一杯3000円だが「それなりの物を食べに来た」という気持ちになる。


これが一杯三千円のトムヤム激城麺「赤」

藤巻激城
▲トムヤム激城麺 三千円
同じ激城麺でも「赤」「黒」「白」があるが、初めての人は「赤」から頼まねばならない。この「赤」が基本的なメニューなのである。
見た目はかなりゴージャス。視覚的にも嗅覚的にも合格ラインをクリアしている。
さて、どんなもんか、と思ってまずはスープを一口。「うわ~こりゃ、うまいや!」と思わず唸ってしまった。(声には出さなかったが)
もちろん、トムヤムスープが好きな人じゃないとダメだろうけど、これはまいった。。。

酸味と辛味、旨味などのバランスが抜群。
それと「酸味のレベル」が違う。「実にうまい酸味」なのだ。

麺は平打ちのコシの強い麺でしっかりしている。具も申し分ない。
それよりも何よりも、このスープはタダモノではない。さすが3000円だけのことはある。納得してしまう重厚感といろんな味わいが押し寄せてくる。

セットでプチライスが付いてきて、そこに薬味とわさびが入っており、スープをかけて食べるのだが、当然ながらこれもまたうまい。エスニック風のスープなのにわさびが合うというのも面白い。


▲ココナッツミルクを使った「白」

あまりのうまさに他のメニューも食べてみたくなり、「白」を追加で注文。一人で2杯の注文をしたのは3人目らしい。他にもそんな人がいたとはむしろ驚きだ。
ベースは一緒らしいが、連食でも十分に楽しめる。(お腹はきついけど)

中華麺を使っているのでジャンルとしては「ラーメン」でもおかしくはないと思うが完全に「麺料理」と言っても良い。もちろんスープを残すのはもったいなさ過ぎて、どちらも飲み干してしまった。

<店データ>
●藤巻激城(ふじまきげきじょう)
所在地:目黒区上目黒3-36-28 B1
電話:03-3792-7743
営業時間:12:00~15:00、18:00~21:00 休日: 水曜
地図:Yahoo!地図情報


■「ベスト12」シリーズの記事
●実食済みの絶品冷やしベスト12
●愛しきチャーシューメン12杯
●今、お薦めの「札幌のラーメン」BEST12軒!

●「○月に食べて印象に残ったラーメン」シリーズの記事
●3月に食べて印象に残ったラーメン達
●2月に食べて印象に残ったラーメン達
●1月に食べて印象に残ったラーメン達

■ 最近の記事
●つけめんのネクストトレンド
●いま売れる「つけ麺」7つの特徴
●砂町らーめん@江東区北砂
●天下ご麺@京都
●むらさき山@三田・田町


■見て面白い記事
●目で味わうラーメン(映像集)
●おもしろラーメン写真館
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。