「らーめん缶」発売のニュースは瞬く間に駆け回った!

らーめん缶
▲札幌らーめん缶
先日、テレビで紹介されていた「ラーメン缶」。まぁ、「おでん缶」からの一つの流れというか、必然的な動きといってもいいのではないでしょうか?
どこで買えるのか、よくわからなかったのですが、ようやく入手して食べてみました。

らーめん缶
▲缶の上にはフォークが付いています
蓋の所に二つ折りのフォークが付いてます。懐かしいですね、こういうフォークでカップ麺を食べたことがあります。随分昔の話ですが・・・。カップ麺も歩きながら、あるいは外で食べていた時代があったのですよ。


らーめん缶
▲フォークを伸ばしてみました
そうそう、この商品は行列店で有名なラーメン店「麺屋武蔵」の山田店主が商品開発に関わっています。数年前の新潟中越地震の際に、お店のスタッフと一緒に現地に赴き、そこでラーメンを作って被災者に無料提供したことがあるのですが、その時に保存食・非常食としてのラーメンがあったらいいのに、と思ったことから1年半かかってメーカーと共同開発したそうです。

■麺屋武蔵関連記事
「麺屋武蔵」系の五軒、秋の新作登場!(2005年)
武蔵の創作メニュー10種類(2001年)

らーめん缶
▲カップ麺にあけてみました
わかりやすく、全体も見てもらえるようにカップ麺の食べ終えた物に入れ替えてみました。量はこんな感じです。カップ麺よりは、やや少なめ。メンマが4-5本。チャーシューというか肉片が少々。この肉、小さいけど、味が染みて意外といけます。麺はこんにゃく麺です。


らーめん缶
▲蓋を開けてみました。目一杯のスープ。
やっぱり、カップ麺の容器で食べるとカップ麺と比較してしまうし、イメージも違うので味噌味はそのまま缶で食べることにしました。


らーめん缶
▲メンマが予想以上に入ってます
最初にメンマが出てくるのですが、結構な量入っている(5-6本入ってたかな?)ので、なかなか麺が出てきません。


らーめん缶
▲これが麺です。こんにゃく麺ですが見た目はそんなに違和感がないです
なんとか麺を引っ張り出してみました。これがこんにゃく麺です。