昨年来、仕事やプライベートで地方を訪れる機会があり、そんな中で見つけた特徴あるフレンチや現地の情報を書いていきたいと思います。

第1回目は備前の国、岡山

後楽園
一瞬の静けさが心地よく

岡山と言えば・・・

岡山と言えば桃太郎、桃太郎と言えばきび団子。せいぜいそれくらいしか思い浮かばなかったのだが、ちゃんと考えると、日本三大庭園のひとつである後楽園、焼き物フリークとしては濃い土色が特徴の備前焼があるではないか。さらに桃や苺などの果物や北部の山の幸や瀬戸内の魚介類など私が知らないだけで安全で美味しいものがたくさんあるのだ。

岡山でフレンチと思い、あれこれと探したが、なかなかいい情報が入らない。どうしようかと考えあぐねていたところ、岡山で桃太郎ジーンズという、シャネルやヴィトンやラルフローレンに素材を提供し続けている会社の眞鍋社長が「しまさん、岡山でフレンチとはびっくりですが、ここのシェフはいい料理作りますよ。」と案内されたのが駅前にある岡山全日空ホテルの1階にあるカフェ・ウルバーノだ。

岡山全日空ホテル
夜はいい感じの暗さ
ホテルのメインダイニングならともかくカフェじゃん、ここ。朝はモーニング、昼はランチセット、そしてカフェと業態は変わるのだが、夜は気軽なレストランの佇まいを残しつつ、しっかりとした技術で音色を奏でるフランス料理店に変身するのであった。

せっかくの機会なので岡山の旬の素材を中心にコースを組み立ててもらったのだが、直前でも融通を利かせてくれるところがホテルの懐の深さか。

フランス料理
豆乳ニョッキの食感が新鮮だ
アミューズは小さなパテ・ド・カンパーニュ、豆乳の冷製ニョッキにハモンセラーノのプードル、そして瀬戸内はハリイカのミキュイ(半生)。小さな一口ながらそれぞれが独立して味わいを奏でる。驚きはないものの、次の前菜へ期待感を盛り上げるいい意味で差し障りのない料理だ。

岡山となるとどうしても瀬戸内の海の方に目が行ってしまうのだが、山側にも温泉など密かな観光スポットが点在していることにはなかなか気付く機会がない。鳥取や島根の県境にある新見では天然のイワナ、そして驚くべきことにチョウザメの養殖が行われているという。