人生をゲームに見立て、ゲームの戦術から人生の勝利への道を探る・・・ 双六屋のガイドメールマガジンに好評連載中の1コーナー『ゲームの名言』 その総集編・第7弾をお届けします。


実戦こそ知識が本当の血肉になる瞬間

キーボードを叩けば、大量の情報が得られる昨今。そのためつい「知っていること」と「できること」を錯覚しがちではないでしょうか? 現実では千の知識が一の実戦に適わぬ例は枚挙に暇がありません。その渦中に身を置いたとき、あなたの真の力が試されるのです。

「本をどれだけたくさん読もうと関係ない。カードルームでの経験が必要である。手持ち金が100ポンドなら、人は100ポンド損することをとても怖がる」

『一瞬の強い夢 ギャンブル』
(ニック・コンスタンブル著 小林政子訳/太田出版)



「追い込まれた状況の中で、的確な答えを出せるかどうか。
 一流とそうでないかの差はここだと思う」


中原 誠(棋士:永世十段)
『将棋脳』(サンマーク出版)



「咬まれ、傷を負い、打ちのめされていくうちに強くなっていく。ギャンブラーの「気迫」なんていうものは、修羅場をくぐらなければ、生まれてこない」

ロバート・ハリス(ラジオDJ、作家)
『エグザイルス』(講談社)



「勝負の機微は駒(=賭金)の上げ下げ。否定不可能な賭場箴言なり」

森巣 博(国際博奕打ち)
『極楽カシノ 怪人モリスばくち旅』(光文社)



「ギャンブルは、何よりも重要な現物の教訓を与えてくれる。
全額をすってしまうということだ」


『天才数学者はこう賭ける 誰も語らなかった株とギャンブルの話』
 (ウィリアム・パウンドストーン 松岡俊輔訳/青土社)



次は、強者があなたに襲い掛かります→