DSやPSPと比較をするiPod touchに違和感

DSやPSPとiPod touchを比べるの図
同じゲームでありながら、DSやPSPでゲームを遊ぶのに、iPod touchはピンとこないという人がいるのは何故なのでしょうか?
2009年9月9日にアップルがサンフランシスコにて行ったイベントで、iPodファミリーの刷新発表がありました。その中には、もちろんiPod touchに関するものもあり、そして、ゲーム分野についてもプレゼンテーションがありました。ゲームに関しては、ユービーアイソフト(以下Ubi)やエレクトロニック・アーツ(以下EA)などの海外大手メーカーによる新作ソフトの紹介の他、任天堂のニンテンドーDS(以下DS)やソニー・コンピュータエンタテインメントPSPと比較したiPod touchの優位性が強くアピールされました。

これを受けて、メディアの中にはDSやPSPと激突する可能性を報じるものもあったようですが、このアピールにガイドはかなり違和感を感じました。もう少し強く言うと、いまいちピンとこないアピールでした。おそらくは、ゲームが大好きなゲームユーザーには、同じようにピンとこない人が結構いるのではないかと思います。単純に、携帯ゲーム機が欲しいというユーザーの中に、iPod touchとDSやPSPを比べて、どっちを買おうかと迷う人が果たしてどれほどいるでしょうか?

あらかじめ誤解のないように申し上げておくと、ゲームハードとしてDSやPSPに劣るから違和感がある、というお話ではありません。iPod touchはゲームハードとスペックがいくら近くても、あるいはそれ以上であったとしても、やろうとしているビジネス、そこから生み出されるエンターテイメントとその価値は、全く違うものであるからこそ、同じ土俵で比べるのは、違和感が生まれるんです。