困っている人を助けながら、街から街へと旅をする

ドラクエ9の図
新しい街を目指してマップを進み、辿り着いた時の期待感。どんな街だろう、お店に新しい武器はあるだろうか、毎回ワクワクしてしまいます
RPGというゲームジャンルを説明する都合上、ドラクエは敵を倒して経験値をため、キャラクターをレベルアップするゲームだとお話しましたが、別にドラクエはモンスターの殺戮を楽しむゲームではありません。なんだかそんなの楽しくないですもんね。では、なんの為にモンスターを倒すのか、そしてキャラクターを成長させるのか。それは、旅をする為です。

ドラクエシリーズ本編では、例外なく、全ての作品で世界中を旅することになります。1番最初に発売されたドラクエは、ドラゴンクエストという名の通り、りゅうおうという竜の魔王を退治する為の旅でした。その後シリーズの中で、例えば魔法で姿を変えられてしまったお姫様を元に戻す為に旅にでたり、自分の住んでいた村がモンスターによって全滅し、1人旅に出る、なんてこともありました。

旅の目的を果たす為に、街の人に話を聞き、困っている人を見つければ助けてあげ、悪者がいれば撃退し、塔があればてっぺんまで登り、洞窟があれば奥深くまで探検し、海を渡り空を飛び、街から街、城から城へと旅を続けて、その世界の隅から隅まで大冒険をするんです。旅の途中にはたくさんの出会いがあります。親切な人がいればズルイ奴もいるでしょう、大金持ちも貧乏人も、王様もいれば商売人だっています。武器屋で装備を整え、疲れたら宿屋で休み、カジノでギャンブルに燃え、教会で祈りをささげます。出発する時にはいつだって、次の街は何があるのか、ワクワクして進むんです。

行く手を阻むモンスターを倒しながら成長し、世界中を悠々と旅する、これこそがドラクエシリーズの醍醐味であり、この壮大な大冒険が、1986年にファミコンで初代ドラゴンクエストが発売された時、日本中を虜にしたんです。ゲームにこんな豊かな世界があるんだと、たくさんの人に教えてくれたタイトルでした。

そしてあなたは、世界を救う。

ドラクエ3の図
ゲームが始まるなり、魔王を倒す為に旅立つのだ! 的なことを言われる場合だってあります。
ドラクエの楽しさを説明する都合上、ドラクエは世界を旅するゲームだとお話しましたが、別にドラクエは世界一周旅行を楽しむゲームではありません。それも良さそうですが、物語はさらに大きな盛り上がりをみせます。

あなたが旅を進めると、多くの場合、世界の核心とでも言うべき重大な出来事を発見します。このままだと世界が危うい、何とかしなければいけない、どうしよう、この世界を救えるのは宇宙にあなた1人だけ、そう、あなたは世界を救う勇者だったのである。そういうとんでもない状況に遭遇します。ほぼ毎回。場合によっては最初から。

これまでドラクエシリーズでプレイヤーが世界を救わずにゲームをクリアするパターンが存在したのはたった1回だけ。それ以外は毎回必ず世界を危機から救います。あなたは本当にゲームをクリアして世界を救えるのでしょうか? でも、恐れることはありません。あなたの旅は、必ずあなたに世界を救う力を授けてくれているはずです。あなたがこれまでコツコツとためてきた経験値、レベルアップして身につけた数々の力、一生懸命探して手にした伝説の武器と、苦難を共に乗り越えた仲間達が、必ずあなたを勇者にしてくれます。だってそれがドラクエなんですから!

勇者になって旅をして、そして最後には世界を救う、そういう本当に王道の物語の主役に誰でもなれるのが、ドラクエの魅力なんです。いかがでしょうか、ちょっと興味が出てきた人もいますでしょうか? もし、やってみたいなと思ったら、最新作のドラクエ9は初心者にはもってこいかもしれません。