数えてみたら本当に少なかった次世代ハードのソフト

まだまだ頑張るPS2の図
ちなみに、廉価版的なものを含めるとPS2のタイトル数は跳ね上がり、さらに大きな差がつくことになります。PS2恐るべし
最近据置のゲームはなんだか少ない気がするなあ……なんて思ったことありませんか? WiiFitやメタルギアソリッド4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオットなど、話題になるタイトルはあったものの、全体的になにか寂しい気がする。もしそう感じたなら、あなたは極めて正しい。

ガイドが気になって、2008年に発売されたタイトル数を数えてみたところ、廉価版などの中身が同じで値段だけが違うといったものや、オンラインダウンロード販売を除くと、最も多くのタイトルを発売した据置ハードはなんとPlaystation2(以下PS2)で、約140タイトルでした。その次がWiiで約120タイトル。PLAYSTATION3(以下PS3)やXbox360はさらに数字が下がります。

PS2がまだ粘っているという言い方もできますが、これはむしろ次世代機で発売されているタイトルが少ないと考えた方がいいかもしれません。Wiiが発売されてから丸2年がたちますが、いまだに次世代機への移行がもたついている印象です。今回は、この発売タイトル数から分かる据置ハードの現状を考えてみたいと思います。

同じ時期の初代PSやPS2は?

パラッパとクラッシュの図
1996年はパラッパラッパーなど、SCEならではの新機軸タイトルが、ライトユーザーを大きく取り込んでいった年です。
現在のPS2と比較して少ないことは分かりましたが、では、過去のハードの同じ時期と比較するとどうでしょうか? まず、直前の世代であるPS2との比較すると、PS2は発売2年目にあたる2001年のタイトル数は約220タイトル。流石に初代Playstation(以下初代PS)の流れをスムーズに受け継いだPS2、Wiiに比べ2倍近い数です。

では、ソニー・コンピュータエンタテインメント(以下SCE)が初めてゲーム業界に参入し、何のブランドも持たずに、地道に大きく育てた頃の初代PSと比べるとどうでしょうか? 初代PSの2年目にあたる1996年のタイトル数。驚くなかれ、これがなんと400本以上。目を疑う数字です。パラッパラッパーやクラッシュ・バンディクーなど、SCEの新規ソフトも大当たりして、Playstationの快進撃が始まった年でした。

こうしてみると、もっとも売上げを伸ばしているWiiですら約120タイトルという数字が、とても少ないことが分かります。では、ユーザーはまだPS2のソフトばかりを買っているのでしょうか?