日本のゲームファンに関係ある話題を中心に

岩田社長の図
任天堂やSCEなど、大手メーカーによるカンファレンスが多数開催。日本でもオンラインでライブ中継を見ることができました。いい時代になりましたねえ。
2008年7月15日、アメリカはロスアンゼルスで北米最大規模になるゲームの祭典、The 2008 E3 Media & Business Summit(以下E3)が行われました。各社いっせいに新情報を放出、ゲーム関連メディアもその話題でもちきりです。

詳細な情報を漏らさず知りたい、と言う方々はたくさんあるほかのメディアにお任せしまして、あまりにたくさんの情報が出すぎてて、何が何やらよく分からない、というあなたの為に、ゲーム業界ニュースでは、とてもかんたんにポイントだけをお話してみたいと思います。特に、E3は北米のイベントですので、必ずしも日本のゲームファンに関心がある話題が中心とは限りません。というわけで、Xbox360、PLAYSTATION3(以下PS3)、Wiiそれぞれについて、日本のユーザーが気になる点を取り上げていきたいと思います。

Xbox360 ロードが短くなるよ!FF13も登場!

Xbox360とライトニングさんの図
過去ファイナルファンタジーのナンバリングタイトルのマルチ展開はオンラインゲームのFF11のみ。各機種同時発売をした例はありませんでした。
3機種で最も充実し、なおかつ最も驚きのニュースがあったのがXbox360でした。1番のビッグニュースはスクウェア・エニックス(以下スクエニ)からPS3で発売予定だったファイナルファンタジー13(以下FF13)がXbox360でも同時発売されるというもの。今のところ日本での発売予定はなく、北米とヨーロッパ向けのみの発表ですが、スクエニはスターオーシャン4、ラスト レムナント、インフィニット アンディスカバリーとXbox360に大量のRPG投下予定なのでその動きは見逃せません。

さらに、Xbox360本体の大幅バージョンアップも発表。ゲーム、動画、ユーザーのコミュニティ活動など、Xbox360に関する包括的サービス、New Xbox Experienceを発表しました。まず本体操作を行うダッシュボードが一新、さらにアバター機能が追加。MiiのようなキャラクターをXbox360でも作れるようになり、アバターを使ってゲームをしたりすることもできるようになるとか。

他にもユーザー同士でオンラインを通じて、ボイスチャットをしたり動画を視聴したりと、気になる機能目白押しなのですが、ガイドのイチオシはゲームソフトのインストール。この機能を使うと、まずゲーム中にディスクから読み込みをしなくなるので、ブゥゥウンというDVDの読み込み音が無くなって静かになります。そして、ディスクから読み込みが無くなるということは、そう、ロードも早くなって快適にゲームができるようになるわけです。地味ですが嬉しい機能ですね。これらのサービスは2008年秋に開始される予定ですが、日本での導入時期の正式発表はまだ。

お次は新モデルが発表されたPS3と、WiiリモコンをパワーアップしたWiiです。